次へ ≫    検索

メカジキのチーズピカタ


メカジキのチーズピカタ

材料(2人分)

メカジキ切身…2枚
パルメザンチーズ…大さじ1
溶き卵…1個分
パセリ…適量
塩・コショウ…適量
バター…大さじ1

作り方

1.解凍したメカジキは水気をふきとり塩・コショウをふる。
2.溶き卵にパルメザンチーズとみじん切りにしたパセリを混ぜ合わせる。
3.1の水気を再度ふきとり2を絡め、フライパンにバターを溶かし、中火でじっくりと焼き上げる。

※手軽にできるおしゃれな一品。

さんまとごぼうの蒲焼丼


さんまとごぼうの蒲焼丼

材料(2人分)

北海道パクパクさんま…2枚
カット・ごぼう…1本
帯広発豚丼のたれ…適量
小麦粉…適量

作り方

1.解凍したさんまは水気をふきとり一枚を半分にカットし、ごぼうは約5cm幅に切り更に縦に4等分に切り分ける。
2.熱したフライパンに油をひき、1に小麦粉を薄くまぶしフライパンに入れ、両面がこんがりときつね色になったら豚丼のタレをまわし入れ煮絡める。
3.器にご飯を盛り2をのせ、彩りに茹でたいんげんやスナップエンドウを添える。

※お好みで七味などをかけてどうぞ。

鰆と魚介のカルトッチョ


鰆と魚介のカルトッチョ

材料(2人分)

天日干し寒さわら切身…2切
大粒シーフードミックス…200g
ミニトマト…4個
エノキ…100g
菜の花…適量
バター…大さじ2

A にんにく…みじん切り1片分
A オリーブオイル…大さじ2
A ドライトマトのイタリアンベース…小さじ1

作り方

1.さわらは解凍し半分に切り小麦粉をうすくまぶし、フライパンで両面に焼き色をつけ取り出す。解凍したシーフードミックスはAをもみ込んでおく。
2.1人分30cm×45cmにカットしたクッキングシートを2枚ならべ、一番下にエノキ、その上に1の具材と半分にカットしたミニトマトと菜の花、塩・コショウをふりバターをのせる。
3.口が開かないよう2をしっかりと包み込み、230℃に予熱したオーブンで、12〜13分ほど焼きあげる。

※カルトッチョとは包み焼きのこと、包みを広げた瞬間に広がる香りをお楽しみください。

真だらのムニエルレモンバターソース


真だらのムニエルレモンバターソース

材料(2人分)

国産真だら切身…2切
レモン…1/4玉
ミニトマト…6個
バター…30g
塩・コショウ…適量
小麦粉…適量

作り方

1.解凍した真だらは水気をふきとり塩をふって10分程置き、更に水気をふき取りコショウをふり、小麦粉を薄くまぶす。
2.熱したフライパンに油をひき1を入れ、少ししたらバター(10g)を加え、両面きつね色になるまで焼きあげ皿に移す。続いてミニトマトをソテーし、皿に盛り付ける。
3.フライパンの汚れをふき取り、バター(20g)とレモンの搾り汁と塩少々を軽く煮詰め乳化させ、2にかける。

※爽やかなレモンバターソースが食欲をかきたてます。

寒ぶりとねぎのくわ焼き


寒ぶりとねぎのくわ焼き

材料(2人分)

天然寒ぶり切身…2切
ネギ…1本
塩…少々
小麦粉…適宣
A 醤油・みりん…各大さじ2
A 酒・砂糖…各大さじ1

作り方

1.解凍したぶりは1切を3等分に切り塩をふり置いておく。ネギは約3cm幅にぶつ切りにする。
2.ぶりの水気をふき取り小麦粉を薄くまぶし、熱したフライパンに油を入れぶりを焼いていく。
3.ぶりに焼色がついてきたらネギを加え、こんがり焼き色がついたらAを加え、フライパンをゆすりながらタレがとろりとするまで煮絡める。

※こってりとした味付けでご飯が進む一品です!
 次へ ≫