≪ 前へ 次へ ≫   検索

宮城県産トマト


健康に育て、完熟収穫しているから旨味が違います。

<作り手>
生産者: 七郷みつば会大郷みどり会はさま自然村
 あいコープの地場産地として、七郷みつば会は仙台市若林区、大郷みどり会は黒川郡大郷町、はさま自然村は登米市を中心にそれぞれ特別栽培レベル以上の安全安心の野菜や米作りに取組んでいる生産者グループです。

<ココが違う>
宮城県産トマト
 土壌のミネラルバランスを分析し適切な施肥設計を行い健康に育てたトマトです。もちろん、農薬や化学肥料の使用も慣行栽培の1/2以下に抑え、ネオニコチノイド系農薬を使わずに、宮城県の特別栽培認証を取得した安全性も高い栽培方法で育てています。(旬を迎える7月に限り、宮城県産限定となります。)
 また、あいコープのトマトはできるだけ木にならせ完熟に近い状態で収穫しているので、まだ青いうちに早もぎされる一般市場流通のトマトとは、味の濃さや旨みが違います。

(左)はさま自然村の菅原さん・(右)大郷の西塚さん





【宮城県産トマト】ご利用の皆さんからのコメント

見た目はスーパーのと変わらないのに、口の中でかんだ時の甘みがぜんぜん違う。(Y.Sさん)

トマトの味がしっかりしている。香りもよい。(M.Hさん)

熟してから収穫しているためか、市販のような青臭さがありません。息子は他のトマトを出すと見抜いてしまいます。(K.Kさん)

味が濃くてうまい!安心して食べられるのもうれしいです。(Y.Nさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【宮城県産トマト】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫