≪ 前へ 次へ ≫   検索

玉ネギ


有機質肥料中心に減農薬で栽培しています。

<作り手>
生産者: 七郷みつば会はさま自然村雁音農産開発加美よつば農業協同組合
(七郷みつば会) 仙台市郊外で、有機肥料中心に減農薬で米や野菜を栽培しているグループで、自然環境保全に取組み持続可能な農業を目指し活動しています。
(はさま自然村) 宮城県北・登米市で、安全・安心のお米と野菜を栽培しているグループです。住み良い地域と平和な社会を目指し、明日に受け継がれる農業を目指し活動しています。
(雁音農産開発) 宮城県・大崎市田尻の農家有志が、渡り鳥や野生生物が共存でき、自然と人、環境との調和を目指した農業に取組み、「いつまでも雁の声が聞こえるような農業と地域づくり」を目指して取組んでします。
(加美よつば農業協同組合) 加美よつば農協は、宮城県の穀倉地帯大崎平野の西端に位置し、奥羽山脈を源とする清流「鳴瀬川」が管内のほぼ中央を流れています。奥羽山脈からの水源地であることを活かし「清流の里」として、畜産の堆肥を活用した農作物の有機栽培など、環境に配慮した農業にも取り組んでいます。

<ココが違う>
安全・安心を目指し、有機質肥料中心に減農薬で栽培した玉ネギです。
 産地では、有機質肥料を中心に土作りを行い、農薬使用も慣行栽培の1/2以下に抑え栽培しています。また、北海道などの保存物とは違い、収穫から出荷までの時間もできる限り縮めることで鮮度にも気を配っています。
 また、宮城県での玉ネギ栽培は、収穫時期がちょうど梅雨に重なってしまうため、切った葉の部分から病原菌が入ってしまうなど栽培と収穫後の管理が難しいため、規模の拡大が難しいと言われていますが、こまめな圃場管理と風乾(ふうかん=収穫後しばらく風通しの良いところで陰干しし乾燥させ、品質を安定させる作業)を行うことで、玉ネギ栽培の規模を安定的に拡大しています。

加美よつば 門脇さん




【玉ネギ】ご利用の皆さんからのコメント

味噌汁には、必ず玉ネギを入れます。玉ネギから甘みがでて、おいしくなります。(N.Sさん)

よく使う玉ネギだからこそ、減農薬がうれしいです。(O.Mさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【玉ネギ】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫