≪ 前へ 次へ ≫   検索

ササニシキ


ササニシキ さめても美味しい!昔ながらの「みやぎのササニシキ」

<作り手>
生産者: 大郷みどり会
(大郷みどり会) 野菜、米、平飼い卵、農産加工品を供給しています。平飼い鶏舎脇にBMWプラントを建設するなど、耕畜連携・地域循環型農業を実践し有機質肥料を中心に減農薬化を推進し、食の自給と安全に努め活動しています。

<ココが違う>
あっさりとした口当たりが特徴
 ひとめぼれ同様に、県内3産地では、まず田んぼのチッソ成分含有量やその他ミネラル成分等の土壌分析をすることで、米作りに適切な施肥計画で育成管理し、おいしい米作りに取組んでいます。また、苗作りには、BMW活性水を活用することで病害虫に強い丈夫な稲になるようにしたり、BMW技術を使って地域内での循環システムを取り入れています。
 ササニシキは、宮城県を代表するお米です。あっさりとした中にも、風味と香りにすぐれた品種と言われ、お寿司屋さんでは『シャリといったらササニシキ』と高い評価を得ているくらいおいしい品種です。
 2011年から、ネオニコチノイド農薬(※)排除の米作りを続けています。

大郷みどり会の皆さん


※ネオニコチノイド農薬
殺虫剤の一種。近年、ミツバチ大量死との関係が指摘され、EU諸国では使用禁止など対策がとられている。ネオニコチノイドは植物に吸収されるため、洗っても落とすことが出来ない。




【ササニシキ】ご利用の皆さんからのコメント

宮城に引っ越してきて、お米がおいしいと思いました。安心・安全なのがいいです。(Y.Kさん)

ウチでは、ササニシキに一握りの玄米を入れて炊いています。玄米はサラッと食べたいので、ササニシキのほうが好きです。(E.Tさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【ササニシキ】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫