≪ 前へ 次へ ≫   検索

紅鮭切身(山漬け)


紅鮭切身(山漬け) 数々のこだわりから生まれた「紅鮭切身」

<作り手>
生産者: 丹野商店
 石巻にある丹野商店の丹野さんは、数々のこだわりを持ち製造を行っています。原料には旬で脂のりのよい魚を選び、製造も旨味を逃さない手切りで行います。

<ココが違う>
よい時期のものを吟味
 原料魚は西カムチャツカの定置網で漁獲・船上凍結された6~7月の脂のりのよい時期のものに限定しています。

こだわりの製法
 原料魚の下処理はうろこを丁寧に取り除くことで、ぬめりや生臭さが抑えられます。塩漬け方法にもこだわりがあり、岩塩だけを使って2日間漬け込み、岩塩が浸透するようにさらに一晩冷蔵庫に寝かせます。短時間でできる塩水漬けと違い、塩だけで漬け込み、熟成させることでたんぱく質がアミノ酸へと変化し、「旨み」が増してきます。また切り身にする工程では、「機械切り」だと水をかけながらの作業になり旨みまで流れてしまうので、丹野商店では手間を惜しまず、すべて包丁で「手切り」しています。だから旨みを逃しません。

丹野商店 丹野徳雄さん
「しっかりと熟成させて仕上げました。」




【紅鮭切身(山漬け)】ご利用の皆さんからのコメント

よくお弁当に入れます。残ったら、フレークにして白ゴマ・のりとふりかけに。お茶漬けにしてもサイコーです!(M.Hさん)

とっても美味しいです。塩加減が気に入っています。(R.Mさん)

焼いても、揚げても、また、酢の物や蒸し物でも、鮭の身がパサパサせず、しっとりとしている。くせがないので他の食材にもなじみやすく、料理にも使いやすい。深い味とまろやかさがある。(K.Wさん)

塩加減がちょうど良い。子供たちが離乳食を終え、普通食へと移行する時から食べ続け、今では幼稚園のお弁当にも入れています。(T.Kさん)

冷めても美味しいので、お弁当にも最適です。(A.Sさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【紅鮭切身(山漬け)】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫