≪ 前へ 次へ ≫   検索

焼きそば用麺


塩釜の老舗

<作り手>
生産者: 仙台屋製麺所
 塩釜市にある仙台屋製麺所は1925年創業の長い歴史がある家族経営の小さな工場です。ソフトめんや生中華そば、日本そばなど生麺を製造して、主に学校給食用として塩釜周辺の学校に納めているので、案外多くの方が仙台屋製麺所の麺にお世話になっているかもしれませんね。

<ココが違う>
生協指定の原材料で作っています。
 低かん水の蒸し麺です。麺は国産小麦100%にこだわりました。小麦粉は南部小麦を指定しています。風味が良い小麦粉にかんすいを1%加え、コシが強く食感の良い蒸し中華麺に仕上げました。

モットーは「製品作りに正直であること」
 仙台屋製麺所の永埜正司工場長は「小さな工場ですが、その分製品に目が届きやすいと思います。あいコープ指定原料の南部小麦粉は他の粉に比べ麺が切れやすく扱いが難しいと感じていますが、安全な製品作りに日々努力しています。」と話されています。

調理のコツ
 南部小麦粉で作った麺は、やや柔らかめで香りがよく液体ソースとの絡みも良いのが特徴。麺を炒めるときには水を加えず野菜の水分だけで蒸すと良いでしょう。お好みの味付けでお召し上がり下さい。

仙台屋製麺所 永埜正司さん





【焼きそば用麺】ご利用の皆さんからのコメント

とにかく、麺がおいしいです。この焼きそばを食べてから、他のは食べられなくなりました。(S.Oさん)

もちもちしていて、子供にも好評です。(M.Uさん)

国産小麦の焼きそばは珍しいと思います。(H.Oさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【焼きそば用麺】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫