≪ 前へ 次へ ≫   検索

天童の葉取らずふじ


天童の葉取らずふじ 葉摘みの手間を減らした「葉取らずふじ」

<作り手>
生産者:天童果実同志会
 天童果実同志会は、山形県天童市内の東北部・山形盆地の中央部で乱川扇状地に位置し、水はけが大変よい土地です。夏は昼夜の温度差があり、果実作りに適しており、糖度が高く美味しい果実が収穫できます。
 天童果実同志会の会員はお互いに学習しあい、美味しい果物を皆様にお届けできるよう努力・研鑽を重ねています。

<ココが違う>
色はイマイチでも味は抜群!
 「葉取らずりんご」とは、その名のとおりりんご栽培などで一般的に行われる「葉摘み」をしないりんごのことです。
 そもそもりんごに限らず果物は、日光を『葉』で受けて光合成をし、栄養に変えて果実にため込みます。「光合成を抑えてしまう「葉摘み」作業に矛盾を感じていました。」と天童果実同志会。葉摘みを行わないと、りんごの色がきれいな赤色になりません。一般市場ではB級品以下とされるりんごですが、日光をたくさん浴びた「葉とらずりんご」の味は格別。
 本当の美味しさを味わいたいと言う組合員さんの声と、生産者の意見が一致したことで、栽培・供給が実現しました。

一石二鳥のりんご
 生産者にとっての「葉摘み作業は、りんご栽培の中でも一番の重労働。
 葉取らず栽培は作業の軽減化が図られ、農家の高齢化が進むとともに有効な栽培方法の一つと言えます。
 また、作業軽減により、通常のりんごより価格も低くできることから、一石二鳥のりんごといえます。

天童果実同志会 生産者の皆さん





【天童の葉取らずふじ】ご利用の皆さんからのコメント

おいしい!見かけだってそんなに悪くない。イチオシです。(M.Mさん)

子どもたちが大好きなフルーツポンチを作るときに使います。リンゴのほどよい酸味がかかせません。(R.Aさん)

息子は、皮つきリンゴが大好き。皮も安心して食べられるから、天童のりんごを選びます。(R.Aさん)

甘みと酸味のバランスが良く、美味しいです。(M.Iさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【天童の葉取らずふじ】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

まだ、投稿がありません。


あなたの[あいごはん]を教えてね!



≪ 前へ 次へ ≫