≪ 前へ 次へ ≫   検索

ちぢみホウレン草


宮城の風土が作り出すホウレン草の傑作!

<作り手>
生産者: 七郷みつば会はさま自然村
(七郷みつば会) 仙台市郊外で、有機肥料中心に減農薬で米や野菜を栽培しているグループで、自然環境保全に取組み持続可能な農業を目指し活動しています。
(はさま自然村) 宮城県北・登米市で、安全・安心のお米と野菜を栽培しているグループです。住み良い地域と平和な社会を目指し、明日に受け継がれる農業を目指し活動しています。

<ココが違う>
光をたくさん浴びて栄養満点!
 ちぢみホウレン草は、畑に霜が下りてくることが多くなる冬季のみ栽培が適している冬野菜です。霜にあたると凍みてしまう根菜類と違い、葉物野菜は低温の下で育てることで、糖分を初めビタミン、ミネラルなどの栄養素を凝縮させ味の濃い作物として育っていきます。また、このちぢみホウレン草は、寒さに耐えるため葉が地面に張り付くように広がり、日光をたっぷり受けられるようにして光合成をしっかり行いながら育ちます。

普通のほうれん草にはない甘みにびっくり!
 「ちぢみホウレン草は一般のホウレン草に比べ、生育に時間がかかり一株の面積をとるので沢山は作れません。また、収穫時には凍っているため折れやすくとてもデリケートなので、収穫して少し時間を置いてから袋詰めをするなど手間をかけます」と語るのは、生産者の一人七郷みつば会の小島さん。
 寒くなるほど甘みが増し、硬そうにみえますが実はとても柔らかくアクが少ないのが特徴の野菜。おひたしにするとびっくりの甘味です。

七郷みつば会 小島さん




【ちぢみホウレン草】ご利用の皆さんからのコメント

以前は普通のホウレン草を食べていましたが、”ちぢみ”を一度食べれば、その”甘さ”の違いがわかります!(M.Sさん)

甘くておいしい!ゆでておひたし、みそ汁の具、バターで炒めてから牛乳・コンソメでカンタンスープにもGOOD!(M.Sさん)

根元がとても甘く、ホウレン草の味がしっかりしています。シンプルに「おひたし」がオススメ。また、すりごま・おろしにんにく・酒・塩で炒めでナムルもおいしいです。(H.Hさん)

ほろにがい味が最高!寒いのは苦手だけど、これが食べたいから、冬が待ち遠しいです。(Y.Kさん)

寒くなるほど甘みが増して、注文するたびにおいしさが増すように感じられます。地元宮城の風土が育んだ、冬限定の旨味野菜の代表!他にはないと思います。(S.Mさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【ちぢみホウレン草】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫