≪ 前へ 次へ ≫   検索

白菜


白菜 寒くなるほど甘味が出て味がよくなる代表的な冬野菜です

<作り手>
生産者: 七郷みつば会大郷みどり会はさま自然村八千代産直丸エビ倶楽部茨城BM茨城県西産直センター
(七郷みつば会) 仙台市郊外で、有機肥料中心に減農薬で米や野菜を栽培しているグループで、自然環境保全に取組み持続可能な農業を目指し活動しています。
(大郷みどり会) 野菜、米、平飼い卵、農産加工品を供給しています。平飼い鶏舎脇にBMWプラントを建設するなど、耕畜連携・地域循環型農業を実践し有機質肥料を中心に減農薬化を推進し、食の自給と安全に努め活動しています。
(はさま自然村) 宮城県北・登米市で、安全・安心のお米と野菜を栽培しているグループです。住み良い地域と平和な社会を目指し、明日に受け継がれる農業を目指し活動しています。
(八千代産直) 茨城県八千代町を中心に1986年に有機栽培に賛同する農家で結成されたグループを前身に、「生産者と消費者の健康を守る」を掲げ、個々の生産者は園場に適した作物をほぼ専門的に栽培しています。
(丸エビ倶楽部) 丸エビ倶楽部は茨城県水戸市の南側に位置し、生産地は県全域に広がっています。会員数も80名を超え、40~50代の生産者が多い中、30代の若手も育っています。ほとんどの品目が茨城県の認証を受けた特別栽培農産物です。農薬や化学肥料の半減は当然のごとく、土作りに力を注ぎ、毎週注文していただけるような農産物の食味等品質向上に力を入れています。
(茨城BM) 茨城BMは、BMW技術の普及を目的に設立され、茨城県の中央部、茨城町に位置し、根菜類、葉物野菜を中心に出荷しています。活動の中核である、BMW技術を深化、応用し、循環型農業の確立と農薬不使用の品目を増やすべく日々研究を行っております。
(茨城県西産直センター) 茨城県西産直センターは、茨城県の西部に位置し、周辺を流れる鬼怒川、小貝川の氾濫による肥沃な大地と筑波山麓の伏流水の恩恵にあずかり一人一人の生産者が減農薬、減化学肥料に努めて、丹精込めて野菜・果物を育てています。


<ココが違う>
鍋物には欠かせない野菜です
 霜に当たると甘みが出て美味しくなる冬が旬の野菜で、寒い季節の定番料理=鍋物には欠かせません。また、生ではシャキシャキした歯ざわりがあり、煮込むと柔らかくなり、食物繊維やミネラルが豊富で、煮物、汁物、炒め物、鍋料理、漬物等と色々な使われ方があります。代表的な漬物のキムチの主材料として使われることも有名な野菜です。

重量があって収穫が大変な野菜
 重量があって収穫が大変だったり、物流などのコストがかさむ割には、ポピュラーな野菜なのであまり高く取引されない白菜。
 高齢化の進んでいる農家では、栽培を敬遠するようになっています。
 そんな中、あいコープの若い次世代を担う生産者たちが、組合員さんの喜ぶ顔を期待しながら、重労働何するものかと、有機質肥料を投入し、減農薬を進め安全・安心の白菜作りを続けています。

七郷みつば会 細谷 滋紀さん・恵美さん





【白菜】ご利用の皆さんからのコメント

白菜は冬の定番。いろんな料理に大活躍です。安心して食べられるので、サラダや浅漬けもオッケーです。(C.Tさん)

冬には欠かせない野菜。なべ料理はもちろん、漬物・汁物・炒めもの・煮物など、調理方法で食感や味がいろいろ楽しめるので、重宝しています。(M.Sさん)

寒くなると、甘みが増して美味しくなるので、毎回楽しみです。(M.Sさん)

甘くて、やわらかくて、冬には欠かせない野菜です。(N.Tさん)

一玉あれば、漬物・煮物・炒めもの・ロール白菜・シチュー…何にでも使えて便利!(I.Sさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【ホウレン草】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫