≪ 前へ 次へ ≫   検索

BMさつま芋


BM技術で安全安心。ミネラルも豊富なさつま芋

<作り手>
生産者: 茨城BM
(茨城BM) 茨城BMは、BMW技術の普及を目的に設立され、茨城県の中央部、茨城町に位置し、根菜類、葉物野菜を中心に出荷しています。活動の中核である、BMW技術を深化、応用し、循環型農業の確立と農薬不使用の品目を増やすべく日々研究を行っております。

<ココが違う>
安全・安心のさつま芋
 鹿島灘沿岸の温暖な気候と火山灰による砂地という、さつま芋栽培に適した風土を活かし、生産者の米川修さんは30年以上もさつま芋作りを続けてきました。
 そして、除草剤・土壌消毒剤を初め一切の化学合成農薬を使用しない、いわゆる「農薬不使用」での栽培を始めて20年近くにもなります。このように安全・安心に心がけ栽培されたBMさつま芋(紅東)は、栄養バランスに優れたおいしいさつま芋に育っていきます。

土作りから行う徹底された栽培計画
 茨城BMでは、BMW発酵堆肥を生産農家に供給しており、BMさつま芋(紅東)も土作りから栽培計画をたてます。
 田畑から土を採取し、土壌診断を行い、その結果からさつま芋に最も適した肥料設計が立てられ、有機質の肥料を最大限活用し栽培しています。また米川さんは、自宅にBMプラントを設置するなど、BMW技術の先駆者として、自らが作ったBM生物活性水をたっぷりと畑に使うことで、土壌微生物を活発に活動させ、ミネラル成分のカルシウム、マグネシウム、鉄、マンガン等にも注意し、栄養バランスのとれた、丈夫でおいしいさつま芋(紅東)を作りだしています。


茨城BM 米川修さん





【BMさつま芋】ご利用の皆さんからのコメント

皮まで食べたいから、安全・安心なものを。(Y.Kさん)

甘みがあっておいしいです。(H.Tさん)

甘くて美味しい!金時にして食べるのが好きです。(M.Mさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【BMさつま芋】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫