≪ 前へ 次へ ≫   検索

あいコープの豆腐 きぬ・もめん


あいコープの豆腐 きぬ・もめん 余計な添加物は使わず原材料と味にこだわりました

<作り手>
生産者:菅野食品
 菅野食品の工場が建つ仙台市宮城野区蒲生地区は、仙台港のすぐそばに位置し、東日本大震災では津波によって甚大な被害を受けました。一時は廃業も考えたそうです。しかし「豆腐を作ることが地域への恩返し」との強い想いから工場を再建し、豆腐作りを再開、縁あってあいコープと出会ったことで、あいコープの豆腐が生まれました。

<ココが違う>
原材料と味にこだわりました
 原材料には宮城県の代表品種で、甘みと香りが特徴の「ミヤギシロメ」を使用。凝固剤には「にがり」を使用し、その中でもミネラル成分の残る「粗製海水塩化マグネシウム」を使用しました。にがりは豆腐の凝固速度が非常に速いため製造には高い技術が必要になります。
 豆乳濃度も一般的な豆腐に比べ濃いため、豆の濃厚な風味と甘みが感じられる一品に仕上がっています。

余計な添加物は使わない
 一般的な豆腐には豆乳を煮出す時に出る大量の泡を消すために「消泡剤」という添加物が使用されます。あいコープの豆腐では菅野食品さんにお願いし、消泡剤を使用しないための専用釜を設置してもらい、消泡剤不使用の昔ながらの大豆・にがり・水のみで作る豆腐を実現しました。

「こだわりを忘れず持ち続け、これからも皆様へ美味しいお豆腐をお届けして参りたいと思います」




【あいコープの豆腐 きぬ・もめん】ご利用の皆さんからのコメント

(もめん)初めて食べた時、豆の味がする美味しさにびっくり!以来、毎週購入しています。豆腐ステーキ、揚げだし、マーボー…しっかりして形が崩れにくいので、助かります。(K.Hさん)

(もめん)大豆の味がしっかりとして、とても美味しいです。これを知ってしまったら、他の豆腐は水っぽくておいしくないと感じます。(E.Sさん)

(もめん)夏は冷奴、冬は湯豆腐。とてもおいしいので、必ず毎週購入しています。とても大豆の味が濃くて、他の豆腐には戻れない!(Y.Iさん)

(きぬ)舌ざわりがよく、甘みがあってとても美味しいです。(H.Hさん)

(きぬ)豆の香りがよく、しっかりしていて形が崩れにくいのが気に入ってます。(N.Mさん)

(きぬ)国産大豆と天然にがりだけなので、安心。子供のころ、なべを持って買いに行かされた懐かしい味の豆腐です。大豆の香りと甘みは、他にないと思います。(N.Sさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【あいコープの豆腐 きぬ・もめん】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫