次へ ≫    検索

11/4 大郷みどり会との交流「さつまいも収穫」


しおさい地区委員会は今年、大郷みどり会とタイアップ交流しています!5月より活動している畑が収穫時期を迎え、10月14日と11月4日、さつまいもの収穫作業をしてきました。

畑の広さは、25mプール約2つ分ほど!
天候の関係もあり、10月中旬から回数を分けての収穫となりました。

まずは、つるを引っ張り、土の見える状態にします。
ひたすら、引きちぎり、土が見えてきたら畝の端にシャベルを差し込み土を掘り起こします。

さつまいも収穫

畝の場所によって、大きなサツマイモがたくさん出てきたり、雑草に負けて細いままだったりと、掘り起こすたびに、色々な顔のサツマイモがでてきました。

みんなで協力し、掘り起こすこと2時間。
2つの畝の収穫が終わり、8つのコンテナにいっぱいになりました。

コンテナにいっぱい
コンテナにいっぱい

子どもたちは、それぞれでベストワンを片手に大喜びでした。

ベストワンを片手に大喜び

一年の作業を通して、作物と天候、雑草や水はけ、色々なことが関係し、ひとつのものが出来上がること。
また、それを栽培、出荷するには人の手が必ず必要で、苦労や心配が絶えないことなどを学ぶことができました。

これからも産地との交流を続け、その内容を紹介し、たくさんの組合員さんにも知ってほしいなと思いました。大郷みどり会のみなさん、ありがとうございました!

(地区担当理事)

10/26 石けん環境委員会「へちまたわしづくり」


11月28日の石けん環境委員会オープン定例会では、「へちまたわしづくり」を教わります。委員の事前学習として、先生となるベテラン組合員のTさんから、へちまたわしづくりを教えていただきました。

Tさん宅でとれたへちまの一部


へちまを切って沸騰したお湯に入れ、鍋布団にくるんで20分待つ。


外側の皮をむく。


もみ洗いして種をとりのぞく。
種をとりのぞく

天日干しして完成。
天日干しして完成

これで準備はOK!
11月28日の石けん環境委員会オープン定例会でもTさんにお越しいただき、へちまの育て方や、たわしの作り方を教えていただきます。
みなさん、ぜひご参加ください。
→石けん環境委員会オープン定例会「グリーンカーテン報告&はちみつ活用術」

(担当理事)

10/22 社会福祉法人みんなの輪「わはわ大衡」上棟式


10月22日、みんなの輪 障がい福祉サービス事業所「わ・は・わ大衡」の上棟式が行われました。
厳粛な式の後、雨の中でしたが餅まきが行われ、お祝いと今後の建設工事の安全を祈願致しました。

みんなの輪 障がい福祉サービス事業所「わ・は・わ大衡」の上棟式
みんなの輪 障がい福祉サービス事業所「わ・は・わ大衡」の上棟式

みんなの輪18カ所目の施設となる「わ・は・わ大衡」は、2018年3月1日開所予定です。
就労継続支援B型(20名)・生活介護(20名)・短期入所(3床)・日中一時支援(10名)と充実した福祉サービスを実施致します。

同時に「るーぶ大衡」を設置し、特定相談支援事業・障害児相談支援事業を実施します。

(担当理事)

10/21 畑に行こう!さつまいも収獲


親子で畑の作業を体験する企画「畑に行こう!」。10月21日はさつま芋の収穫です!台風の影響で、前夜は大雨。開催が危ぶまれましたが、午前中はなんとか天候も落ち着き、15組の家族が参加して開催できました。

開会のあいさつ

さつま芋堀りスタート


大雨にも負けない水はけの良い畑と、仙台えんのう倶楽部の皆さんの管理のおかげで、マルチの中から、大きく育ったさつま芋がどんどん顔を出します。

お芋掘ったよ♪右のお芋は「こけし」みたい(^^)
お芋掘ったよ

さつま芋の茎は、きんぴら料理に使えると聞き、お母さん達はさつま芋だけではなく、茎も持ち帰りました!

ママも大喜び
ママも大喜び

次回の「畑に行こう!」は、今年度最後です。
落花生と大根の収穫、楽しみましょうね♪

(担当理事)

10/24 生キャラメル作り~石けん環境委員10月定例会


石けん環境委員会の10月定例会は、11月28日のオープン定例会に向けて生キャラメル作りを行いました。

今年の夏は記録的な長雨でした。
この異常気象を振り返ると、今年7月の九州豪雨でミツバチ25万匹が全滅するという被害にあわれた生産者の藤井養蜂場さんが思い出されます。東北に住む私たちに何かできることはないか、と考えて「買って応援」ということで、はちみつを使った料理のアイデアを出し合った結果、今月は生キャラメルを試作してみました。

生キャラメル作り

おいしくできました!
生キャラメルは、11月28日のオープン定例会で試食できます。
みなさん、ぜひご参加ください。
→石けん環境委員会オープン定例会「グリーンカーテン報告&はちみつ活用術」

次に、ミニとろイワシ缶を使ったツナ風サラダを作って、みんなのi食パンに挟んで試食しました。

ミニとろイワシ缶を使ったツナ風サラダ
ミニとろイワシ缶を使ったツナ風サラダ

みんなのi食パンに挟んで試食
みんなのi食パンに挟んで試食

ツナよりもボリュームがあって食べごたえがあり、満足感がより増す気がします。
ミニとろいわし缶は、同じく福岡県の朝倉市にある平田産業さんの菜種油を使っていて、とてもさっぱりしています。しつこい甘みがなく、とても食べやすいです。

作り方はとても簡単で、マヨネーズといわしを混ぜるだけ!
(今回はベビーリーフとたまねぎのスライスを添えました)
まだ食べたことがないかた、ぜひお試しください!

(担当理事)
 次へ ≫