≪ 前へ 次へ ≫    検索

3/28 宮城野地区 お疲れさまランチ会


3月は、各委員会で、一緒に活動をしてきた委員さんと1年間の活動を振り返りながら【お疲れさまランチ会】が行われます。
宮城野地区では、春休み中の子供たちも参加して、親子でピザを作りました♪

ピザの具は、まんま通信の中から、定番のウインナーやたっぷりの野菜、しらすやいわしの缶詰、ピザソースには冷凍のパスタソースなどもチョイス!
材料を切ったり分けたりする作業も親子で一緒に楽しみました。

ピザ生地が膨らんだら、一人1枚ずつ自分で伸ばして思い思いの具をトッピング!

トッピングたのしいー!
トッピング

「俺ピザ」、準備完了!
ピザ

オーブンで焼きあげ、どれも美味しそうで個性が光るピザが完成しました☆

出来たよ☆
ピザ完成

今年度は生産者を訪問する機会が多く、委員さんにとっても学びが多い1年になったようです。
5月には交流会も企画していますので、多くの皆さんのご参加をお待ちしています!
1年間どうもありがとうございました(*^▽^*)

(担当理事)

2/22 青葉A交流会「おでんを囲んでまんま通信トーク」


2月22日、「まんま通信のあるくらし。おでんを囲んでまんま通信トーク」と銘打って、青葉A地区の組合員交流会を開催しました。
おでんを囲んでまんま通信トーク
お気に入りを教えあったり、気になっている事を質問したり。
食べたことのない商品の話も聞けて「次回は注文してみよう!」と盛り上がりました。

本日の試食はおでん。
試食はおでん

「あいコープの練り物は、どうしておつゆに沈んでしまうのですか?」という質問があがりました。
一般的に、練り物は、膨張剤などで量(かさ)を増やしています。こうすることにより、少ない原材料で大量の製品を作ることが可能になります。
しかし、あいコープで取り扱っている高橋徳治商店の練り物は、余計な添加物を混ぜません。だから、ずっしりしていて、おつゆに沈むのです。
「添加物ではなく、原材料そのものの重さなんだ!」とみなさん納得の様子でした。

「食べることは、その人を作ること」
改めて認識する、大変有意義な時間でした。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

(担当理事)

3/14 みんなであいごはんin若林「あいコープの産直鶏に迫る!」


10の生産者をお呼びして、各地区で行われていた「みんなであいごはん」。今年度の最後は、米沢郷牧場の伊藤幸蔵さんをお呼びして「あいコープの産直鶏に迫る!」をテーマに開催しました。



一般的に「鶏は薬で育てる」と言われるくらい、投薬は常識となっています。米沢郷では、鶏を薬を使わずに育てるためにはどうすればよいか?を考えた結果、病気にさせないように健康的に育てることを目指したそうです。
そのこだわりの1つがエサ。主原料のトウモロコシや大豆は、遺伝子組み換えされていないものを使用し、乳酸菌を与えることで腸を元気にし病気を防いでいるそうです。
また、蜜飼いはせず適度に運動ができるように広々とした鶏舎で育てているとのことでした。
食べ物、生活環境、運動で健康な体が作られていくのは、人間も鶏も同じだなと思いました。

伊藤さんのお話の中で「子供たちに毒を食べさせるわけにいかない。」という言葉がとても印象的でした。
一般的な鶏の育て方との違いを聞くと驚くことも多く、日々何を基準に商品を選択するべきかを改めて考えさせられるお話でした。

調理開始!
伊藤さん自ら包丁を持ち、ササミの筋切りをして参加者と一緒に調理してくださいました。

伊藤さん自ら包丁を持つ

メニューは…
ササミはピカタに、
胸肉は鶏ハムやサラダやスープに、
モモ肉はから揚げとヤンニョムチキン、
レバーは甘辛煮
と、米沢郷の鶏肉の色々な部位が楽しめるメニューとなりました☆

完成!
米沢郷の鶏肉メニュー

こちらは鶏ハム
鶏ハム

いただきます!
参加者のお子さんの食べっぷりに微笑む大人たち。
お子さんの食べっぷり

鶏尽くしのメニューは参加者からも大好評でした!
和やかな中にも、生産者の熱い思いを感じられる会となりました。
伊藤さん、ご参加頂いたみなさまありがとうございました。

(担当理事)

3/2 藤井養蜂場さんを招いてはちみつ学習♪


あいコープの機関紙『あいあいあい』では、組合員活動で交流するのが難しい、遠方の産地やメーカーの皆さんを紹介するページを設けています。
今回はあいコープの商品カタログまんま通信に、『はちみつ』やはちみつを使った調味酢『食菜酢』を提供して下さっている藤井養蜂場の小笠原さんを招いて、はちみつの背景や使い方を教えて頂きました。

藤井養蜂場の小笠原課長


ミツバチに影響する『ネオニコチノイド系農薬』や、国産はちみつが採れなくなっている現状を踏まえた上で、はちみつの魅力やその使い方をたくさん教えて頂きました。

蜂蜜を使ったメニューのデモンストレーション
蜂蜜を使ったメニュー
「食菜酢」と少しのお酒だけで、照り照り焼き鳥の出来上がり!
照り照り焼き鳥
生キャラメルだって簡単です
生キャラメルだって簡単です
20種類を超える花別のはちみつの試食や、はちみつ・食菜酢を使ったおどろきのメニューが満載なのはもちろん、スキンケアやその他の健康法なども教えて頂き、はちみつの魅力を堪能した会になりました。

花別はちみつ勢ぞろい。それぞれ違って、それぞれ魅力的な個性
花別はちみつ勢ぞろい
おすすめレシピなどは、あいあいあい4月号に掲載する予定です。
是非お楽しみに(*^^)v

(担当理事)

3/8 布おむつ談義&ママのためのヨガ講座


3月8日は、「布おむつ談議」と「ママのためのヨガ講座」を開催しました。

最初は「布おむつ談議」。
布おむつは「洗濯」します。そこで、まず洗剤のお話しからスタート。
石けんと合成洗剤の違いをわかりやすくお話いただきました。
蛍光増白剤のブラックライト実験や、酸素系漂白剤の使い方デモンストレーションで、目に見える形で理解できました。

次に、石けん環境委員から布おむつの実際の使い方や、洗い方などのお話をしていただきました。
質問も出たりと、みなさん興味深々!

布おむつ談議
「布おむつグループトーク」では、外出時や夜の使用、洗い方など、情報交換!
どのグループも盛り上がり、話がつきないようでした。

後半は、NPO法人日本ヨガ連盟の遠藤千奈美先生をお招きして「ママのためのヨガ講座」。

ママのためのヨガ講座
子どもと一緒に遊びながら、また家事をしながらでもできるヨガのポーズなども教えていただきました。
気持ちよくカラダを伸ばしてリフレッシュ。
体が楽になっているのを実感しました。

参加者の感想です。

「布おむつのことを語れる場があってうれしい。」
「洗濯の仕方を教えてもらったので、やってみたい。」
「他の人の使い方を聞くことができて、参考になった。」

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫