次へ ≫    検索

9/1 唐桑漁協を訪問しました


9月1日。曇りと雨の予報が出る中、仙台から車で3時間の唐桑漁協を訪れました!
唐桑半島に入り海を眺めると荒々しい波。船に乗れないなぁ…と半べそを掻き唐桑漁協・畠山組合長の船がとまる港に到着したところ、なんとっ(*'▽')!青々とした海と晴れ渡る美しい空が私たちを迎えてくれました!

唐桑といえば
春に旬を迎える『わかめ』外洋で育ったわかめはシャキシャキ!
ギフトでいただける『ホタテ』もおなじみですね(^^♪
そして
11月頃から登場する『牡蠣』!
今回はこの牡蠣について畠山組合長にお話を伺いました。

畠山組合長とあいコープ後藤商務


県内だけではなく築地でも高評価を得ている唐桑の牡蠣。
誰が作ったか分かるように顔が見えるやりかたで出荷しているそうです。

息子の政也さんも『手間をかけただけ応えてくれる』とおっしゃいます。
そしてその手間の一つが、8月から約1か月間かけて行われる温湯(おんとう)処理です。

お話を伺った後、温湯処理を見学するため、船に乗せてもらい養殖場に出ました。

温湯処理は、牡蠣が付いた重た~いロープを一本一本海から出して、70℃の温水に約2分間漬けることにより、牡蠣に付着したわかめやムール貝などを死滅させ、同時に丸みのある牡蠣にするという手法だそうです。

まずは海から引きあげて

70℃のお湯に → 2分後わかめ青々


これによって、熱を加えても縮まない牡蠣ができるのだそうです。
牡蠣がついたロープを持たせてもらいましたが想像以上の重さにビックリしました(@o@)!
1シーズンで3,000本行うそうで、気が遠くなるハードな作業です。

岸に近い所ではホタテの養殖の様子も見せていただきました。
余談ですが、漁師さんは揺れる船やいかだの上で作業することで、すごーく体幹がいいんだとか。

筏の上で作業
筏の上で作業

陸に戻り、収穫した牡蠣などを殺菌するための作業場も見せていただきました。
そこには、あいコープから贈られたという殺菌機がありました。

あいコープから贈られた殺菌水を作る機械
殺菌水を作る機械
『この機械のおかげで震災後に牡蠣が出荷でき、次の年には漁師さんの収入になったんです』とおっしゃるのは唐桑漁協長さんです。
そんな経緯があったのかと、お話を伺い本当に嬉しくなりました。

「なぜ唐桑の牡蠣が美味しいのか、それは海(漁場)が持っている条件に加え、手を抜かず時間を手間をかけているからです。」
自信をもってお話しされる畠山組合長の姿が印象的でした。

早く牡蠣に会いたい!
今年の牡蠣がますます楽しみになりました。

畠山政也さんと奥さん
畠山政也さんと奥さん

(担当理事)

8/31 七郷コラボ畑 枝豆の収穫!


七郷みつば会と若林地区委員とのコラボ畑。先日子供たちと作業した時に畑に残していた枝豆をすべて収穫してきました。

収穫!


この日(8月31日)コラボ畑の枝豆は時期的にはもう終わりに近く、さやが少し黄色くなり始めているものもありました。

たわわに実る枝豆(ちょっと時期過ぎたけど)


あっという間に軽トラックの荷台に収穫された枝豆の山ができました!

軽トラいっぱい収穫しました!


さっそく脱穀作業へ。
前回の経験があるので作業も順調に進みます。

脱穀


脱穀終了。とったど~\(^o^)/
脱穀終了

かごに4つほどの量になりました。

かごに4つほどの量
かごに4つほどの量

脱穀した枝豆を七郷市民センターの調理室に運び、茹でます。
設置されている6つの調理台のガスコンロをフル回転させ6人で作業を行いました。
「この先、こんな沢山の枝豆を茹でる経験、なかなか無いよねー(笑)」と笑い合いながら次々に茹でていきます。

ガスコンロをフル回転
ガスコンロをフル回転

茹で上がったものは、粗熱を取って袋に小分けしました。

茹で上がった枝豆
茹で上がった枝豆

袋に入った枝豆をすべて計量してみたら約40kgありました。前回、子供たちと収穫した時の量は計量していないので正確な数字はわかりませんが、脱穀後のかごに入った量を思い返し、今回の分と合わせると、コラボ畑での枝豆の収穫量は約80kgくらいかな?と思います。
今回茹でた枝豆は、冷凍保存され、出番を待っています。
これからイベントなどで活用していこうと検討中です。お楽しみに!

(担当理事)

8/30 迫自然村との交流会


8/30、理事会メンバーと農産担当商務で迫自然村を訪問し、生産者と交流して参りました!
仙台では連続降雨記録を更新したとのこと、お米や野菜のことが気になります。

まずは自己紹介ののち、迫自然村の歴史などを伺いました。
今から35年ほど前に発足し、現在は野菜部門と米部門が一つになって『はさま自然村』という法人組織になっています。

自己紹介と意見交換


オクラを生産している藤原さんは、『種は3000粒蒔いたけれど、1日6袋しか収穫できない日もあった』という状況を話されました。
天候不順でご苦労も多いそうですが、『おくらが私を呼んでいる!』と思ってオクラに話しかけながら作業しているとのこと。

つい先日、藤原さんのオクラが届いたという理事は、茹でて包丁を入れると元気よく種が飛び出したそうで、作り手の藤原さんにその時の状況を報告していました。作る人と食べる人の交流ができる、これが産直運動だなぁと実感しました。

あこがれのオクラ生産者とツーショット


また生産者の皆さんは日々、太陽のありがたさを実感しているというお話も伺いました。

そして迫のお米の美味しさのヒミツは、自然環境や地理的要素もあることを教えていただきました。
皆さんそれぞれに数か所の土地を所有されていますが、その中でも『ここなら美味しいコメができる!』と思うところを選んで、私たちに供給するお米を作って下さっているとのこと!とてもありがたいお話でした。

お話を伺いながら、袋さんが時間と手間をかけて作ってくださった透明なトマトジュースをいただきました。
トマトが苦手な理事も『美味しい~』と言ってこれなら飲めるとお代わりしていたほど♪

透明なトマトジュース、おいしぃ


その後は、圃場に出て、無農薬田や今年の稲の生育状況を実際に伺いました。
やはり天候の影響で例年よりお米の実の入り方が遅れているとの事・・

無農薬田見学


あぁ…憎きコナギがいっぱい


太陽が顔を出してくれることを祈りつつ迫の皆さんにエールを送って産地を後にしました。
お忙しい所、交流の時間を取って下さった迫自然村の皆さんありがとうございました!

今日はありがとうございました!また来ます
迫自然村との交流会

(担当理事)

8/26 どうする?我が家の電気代~発電産地とつながろう~


あいコープが「パルシステムでんき」の取り扱いを始めることを記念して、キックオフイベント「どうする?我が家の電気代~発電産地とつながろう~」を開催。土曜日の昼下がり、会場のエルパーク仙台には約120名もの方々が集まりました。

まず、環境学者である飯田哲也さんに「世界の、日本の、そして東北の自然エネルギー」をテーマにご講演頂きました。

世界的と比較して日本の再エネ推進の遅れを指摘


福島の原発事故から6年、自然エネルギーは身の回りに普及しているように見えますが、飯田さんに世界のお話を聞くと、どれほど日本が時代遅れかがよく解りました。昔は夢のコンピュータだったものが、今はスマートフォンになって手のひらに収まり、しかもそれは個人が買える値段になっている、それと同じように、太陽光発電や風力発電などの発電設備も、機能は優れ、価格は安くなってきている・・・。
飯田さんはとてもわかりやすい例えでお話しくださり、会場の参加者は再エネ100%で暮らす時代がもうすぐそこに近づいている!と感じたことでしょう。

後半は、飯田さん×ひっぽ電力×パルシステム電力×あいコープの4者ででトークセッションです。
ひっぽ電力からは事務局の金上さん、パルシステム電力からは部長の菅原さんをお招きし、インタビュー形式で様々なお話を伺いました。

トークセッション


今後のエネルギー供給や再エネ普及は地域主体で誰もが様々な形で参加できる時代になっており、世界的にも将来性が明るいと語る飯田氏。「誰が、何の目的で自然エネルギーの発電所を作るのかを見極める必要がある。」

飯田氏


次に、あいコープ多々良専務理事よりパルシステムでんきの特徴と、でんきを買うためには…等の解説がありました。



飯田さんが所長を務める「環境エネルギー政策研究所」と、パルシステムでんきの発電産地「ひっぽ電力」の出会いのお話や、あいコープがひっぽ電力とどのように交流してきたか、その経験をとおして、どんな想いで電力事業を始めようとしているかを会場の皆さんに伝えることができ、「地元の電気」をより身近に感じてもらえたのではないかと思います。
そして「電気を選ぶ」ことは、原発に頼らず再エネで暮らす社会を創るために個人で出来る1つの手段だと共有できたとも思います。

全体会が終わった後、個別相談コーナーには長蛇の列ができ、スタッフ総動員で対応しました。みなさんの関心の高さがわかります。
ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

「パルシステムでんき」キックオフ!
「パルシステムでんき」キックオフ!

※このイベントの内容を振り返る「おさらいカフェ」が開催されます。
飯田哲也氏の講演を聴き逃した方も、もう一度聴きたい!という方も、都合の良い会場と日時を選んでぜひご参加ください。
日程は2017年9月22日、10月10日、10月17日、10月20日。
↓詳細はこちら↓
「どうする?我が家の電気代~発電産地とつながろう~」おさらいカフェ

(担当理事)

8/26 第5回畑に行こう!秋大根の種まき


親子で畑の作業を体験する企画「畑に行こう!」。8月26日の早朝は豪雨で開催が心配されましたが、ちょうど始まる頃に晴れ間が戻り、11組29名の参加者が集まりました。

雨も上がり、畑に行こうスタート
畑に行こう

今日の作業は、大根の播種です。
ここは前回ジャガイモの収穫をした場所。仙台えんのう倶楽部の皆さんがマルチを事前準備して下さっていました。
そのマルチに穴をあけて、丁寧に種を蒔きます。

大根の播種
大根の播種

小さなお子さんが小さな手で種を蒔く様子を、保護者の方が見守ります。

小さな手で大根の種をまく
小さな手で大根の種をまく

落花生の花から子房柄(しぼうへい)が伸びて、地中に実をつける様子を観察しました。
みんな、落花生の育ち方に興味深々です。

落花生の根
落花生の根

落花生の花
落花生の花

最後に紫蘇の葉を収穫して、紫蘇ジュースを作ると笑顔溢れる会となりました。

ジュース用の紫蘇の葉
ジュース用の紫蘇の葉

次回は、9月16日(土)に大根の間引きを実施する予定です。

(担当理事)
 次へ ≫