次へ ≫    検索

1/27 「お魚尽くしのランチ会」みんなであいごはんin泉A


1月27日。みんなであいごはんをつくろうin泉A「お魚尽くしのランチ会」が開催されました。
マサバでお馴染みの「間宮商店」から石川和宏さんと大沼勉さんにお越しいただき、お話を伺ったり、魚の美味しい食べ方を教えていただきました。

間宮商店さんと言えば「マサバふっくら干し」。
そのおいしさの秘密をいくつか教えていただきました。



おいしさの秘密・その1は「低温でじっくり乾燥」
通常の干物は、生産効率を優先させ、高温・短時間(1〜2時間)で一気に干しあげますが、間宮商店さんでは、低温で約10時間じっくり干しあげ、余分な水分を取り除き、熟成させるそうです。
手間暇を惜しまないことで、ふっくら干しあがり、魚本来が持っている旨味を余すことなく引き出すことが出来るそうです。

おいしさの秘密・その2は「-40℃で急速冷凍」
急速冷凍する事で、魚の旨味を損なわないそうです。

さらに、手軽においしく調理する方法も教えていただきました。
間宮さんのおすすめの食べ方は、魚焼き機で身を6〜7割、皮目を3〜4割の順で焼く方法だそうです。
ヘルシーに食べるには、はじめは身を上にして7〜8割そして皮目を2〜3割で焼くと、余分な脂も落ちて仕上がるそうです。
フライパンで手軽に調理したいという方には、クッキングシートを敷いて焼くと身崩れも防止でき、後片付けも簡単との事です。

調理タイムでは、間宮商店さんからサバの捌き方のレクチャーもあり、参加の皆さんから関心の声があがりました。
サバの捌き方のレクチャー

いよいよ待ちに待った試食タイム!
お魚尽くしのランチ会
今回のメニュー
・マサバふっくら干しの香味フライ
・マサバふっくら干しのカレー揚げ
・マサバふっくら干しのマリネ
・マサバのオーブン焼き(カレー・マスタード味)
・塩サンマのムニエル トマトソースがけ
・ごはん・味噌汁・お浸し

おさかな、おいしいね〜♪
おさかな、おいしいね〜
マサバを色々な調理で味わえて、おいしく、勉強になりました。
組合員の皆さんも「いろんな調理の仕方がわかって、お弁当のおかずやおつまみにもぴったり!参加して良かった」とおっしゃっていました。

今回初めて「あいごはん」に参加してみて、組合員さんと普段出来ない事をお話して、とても貴重な体験になりました。今まで参加されたことがない組合員さんにもぜひ参加して頂きたいと思いました。

集合写真
(みんなであいごはんin泉A・職員報告より抜粋)

1/23 天童「りんごの味は剪定で決まる!まあるい花芽を目指して」


りんごの出荷が終わった天童。
やれやれ一休み…という間もなく、すぐに次の仕事が始まります。

この日、園地には30cm近い積雪が。

冬のりんご園地


そんな冬の天童の仕事は、りんごの木1本1本の「雪おろし」と「剪定」作業。

雪を降ろす


太くて立派な木も、雪の重みに耐えられず、幹から曲がってしまう場合もあります。
日々園地を見回り、かかった雪を降ろします。

雪の重みで倒れた木


「りんごの味は剪定で半分決まる」という程、大切な「剪定」作業。
1本の木から毎年収穫をする果樹。若くて元気だった木も、年を経れば収量や味に課題がでてきます。
根が弱ったり、花芽のつきが衰えたり、そんな状況を改善するのが「剪定」です。
講師の先生を招き、技術を磨いています。

切る枝、残す枝の考え方を話す先生
切る枝、残す枝の考え方を話す先生

木全体をみて高い枝も対象に。枝を落とします。
枝を落とします

思い切って落とした枝
思い切って落とした枝

今、天童果実同志会が「剪定」で大切にしていることは「まあるい花芽」をつけること。充実した良い花芽をつけることがその年の葉やりんごの品質向上につながるからです。
切る枝、残す枝を木の状態に合わせて考えながら、一枝一枝みていきます。
「より美味しいりんごを」若手もベテランも常に向上心を持ち、剪定作業に励んでいました。

天童のベテランたち
天童のベテランたち

取材日:2017年1月23日
商品部 千葉

1/20 石けん環境委員会「布おむつを使ってみよう」


1月20日。仙台市3R講師派遣事業として、石けん環境委員会が田子児童館の0歳児親子広場にお邪魔して「布おむつを使ってみよう」の講座を開きました。
内容は、布おむつの畳み方や洗い方、さらに、酸素系漂白剤利用のデモンストレーションや蛍光増白剤ブラックライト実験などです。



布おむつの使い方を、先輩ママさん3名からデモンストレーション。
基本的なやり方はあるけれど、男の子か女の子か、また、月例が増すごとにおしっこやうんちの量も増すので、臨機応変に、折ったり重ねたりして自由に使えることを説明しました。

布おむつデモンストレーション

常時布おむつではなく、昼間だけ使ったり、紙おむつをカバーがわりにして中に布おむつを1枚入れておく方法なども紹介しました。

参加者の方からは
「基本の折り方じゃないといけないと思っていたので、使い方を見せてもらえてよかった。」
「洗剤のことまで考えたことがなかったので、勉強になった。これから気をつけたい。」
「実際の使い方をみせてもらえて参考になった」
など、感想をいただきました。

最後に、組合員のみなさまからご提供いただいた布おむつを、希望者の方にプレゼントしました。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございます。

和やかな、あったかい雰囲気でした。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

(担当理事)

1/19 宮城野地区定例会「鍋布団づくりと鍋布団調理」


1/19、今年初めての宮城野定例会は『一人一つ鍋布団を作ろう♪そして鍋布団料理も教わっちゃいましょう♪』ということで、脱原発エネルギーシフト委員の方々から全面的にサポートいただき、楽しく達成感のある会となりました。

まずは、鍋布団を使った白米の炊き方と、エネシフ委員Tさんの絶品ロール白菜を作ります。
鍋布団に入れるタイミングやコツなど、具体的に教えていただきました。



その後は、それぞれ持ってきた布をちくちく。鍋布団づくりです。
お裁縫が苦手…と一度は鍋布団づくりを諦めかけた地区委員さんもいましたいが、エネシフ委員さんたちの一人一人へのきめ細やかなご指導や、ミシンのお手伝いもあって、みんなで完成にこぎ着けました!

鍋布団をチクチク

そうしているうちに、鍋布団で保温調理していたお料理も完成!

鍋布団でロール白菜

つやつやに炊けた白米と、トロトロジューシーなロール白菜をいただきま〜す♪
『お米が立ってる〜』
『ロール白菜いいね』
調理も担ってくださったエネシフ委員さんのおかげで、とても美味しい鍋布団料理をいただきました。
エネシフ委員の皆さま、本当にありがとうございました。

今日学んだことは、今後の組合員活動イベントで参加者さんにお伝えしていきたいと思います。
完成させた鍋布団を各自お家で使ってさらに腕を磨き、みなさんに美味しいご飯とロール白菜をごちそうしたいです(*^^*)

(担当理事)

12/20 村井嘉浩宮城県知事との懇談会


12月20日、宮城県生活協同組合連合会主催の宮城県知事懇談会が開催され、あいコープみやぎも参加しました。

村井知事からご挨拶を頂いたあと、各会員生協の活動紹介を行い、あいコープからは放射能自主測定とエネルギーシフトの取り組みを高橋理事長が報告しました。

村井嘉浩宮城県知事との懇談会

報告内容は、
1.震災直後から取扱い商品の放射能測定を続けており、5年間に蓄積したデータからセシウム検出可能性のある品目を特定することができ、今後はより具体的に重点品目の測定を行っていくこと。
2.脱原発・エネルギーシフト委員会が中心になり、省エネ調理や自然エネルギーへのシフトを提案しており、様々な活動をする中、冬季電気使用量が増える東北だからこそ冬の間の節電を呼びかける『あいコープ冬の節電アクション』という、昨年との電気使用量を比較し、減った組合員には抽選でギフトがあたるキャンペーンが好評であること
などです。

村井嘉浩宮城県知事との懇談会

その後の懇談時にあいコープからは、現在県民の大きな関心事である放射能汚染廃棄物の一斉償却について不安に感じている県民が多いこと、とりわけ食や環境の安全を大切にしている組合員が多いあいコープではその割合が多く、地元の産物を大事にしたい私たちにとって、不安がゆえに県外の食材を選ぶ人が増えてしまっては食材王国みやぎとしてとても悲しいと思っていること、だから焼却を急がないでほしいということを伝えました。

知事からは、「不安な声はたくさん届いており、焼却を無理に推し進めることはなく、仮に焼却したとしても測定を行い、すべてのデータを公表するつもりです」という回答を頂きました。

県内の生協が一同に会し、知事と直接お話ができる場はとても大切です。
今後も生協活動の重要な機会として参加を続けていきたいと思いました。

(担当理事)
 次へ ≫