次へ ≫    検索

初夏の小田原にいってきました その2


ゴールデンオレンジ、レモン、梅…と、柑橘・果物の産直産地の1つ、ジョイファーム小田原を訪れました。

前回はブルーベリーやバレンシアオレンジの畑を訪問しました。
(その時の様子「初夏の小田原にいってきました その1」はこちら。

続いた訪れた畑には、背の高さ位の棚に白い花がたくさんぶらさがっています。

下を向いた白い花、何の花でしょう


答えは「キウイの花」でした!
ちょうど開花期を迎え、生産者は受粉作業に忙しい時期だそう。

キウイの生産者 遠藤さん
キウイの生産者 遠藤さん

今年は味や品質が良くなるといわれる「三つ花(みつばな)※」が多く、みな期待できるといいます。
※軸が三つ又に分かれて花をつけているもの
あらかじめ用意しておく花粉は、各生産者自分で用意するそう。秋が楽しみですね。

キウイの花粉が詰まった葯(やく)
キウイの花粉が詰まった葯

花粉を採るための機械
花粉を採るための機械

最後に訪れたのは、梅とすももの園地。
「今年はほんとに異常だよ!」と生産者の鳥居さん。

実成りをみる生産者の鳥居さん
実成りをみる生産者の鳥居さん

梅を見ると、いつも鈴なりに実る品種に実が少なく、それほどならない品種に平年以上の実がついているそう。

例年なら鈴なりの枝も、木によってぽつりぽつりとしか実がありません。

例年なら鈴なりの枝も。。
例年なら鈴なりの枝も。。

木によってぽつりぽつり
木によってぽつりぽつり

これは3月下旬の朝晩の冷え込みが原因で、日中暖かく花開いたものの、夜の低温に遭い実りにつながらなかったと考えています。
「桜はパッと咲いて、パッと散るのがいい」
東京では長く桜が楽しめた今春ですが、花が終わった後の実を待つ果樹にとっては悪影響だったよう。

梅以上に、すももの収穫量が心配だと鳥居さん。
いつもは余分な実を摘む作業に追われるほどなのに、今年はその実を見つける方が大変だといいます。
場所や品種により状況は変わるといいますが、天気に左右される農業の大変さを実感した一日でした。

取材日:2017年5月26日
商品部 千葉

初夏の小田原にいってきました その1


ゴールデンオレンジ、レモン、梅…と、柑橘・果物の産直産地の1つ、ジョイファーム小田原を訪れました。

訪問した日はあいにくの雨でしたが、2週間晴れ続きだった畑にとっては恵みの雨です。
さっそくブルーベリーの畑へ。
春先から天気がよく、早生種はふっくら実が膨らんでいました。

早生のブルーベリー、実が膨らんでいます


矢郷さん夫婦はブルーベリーを作り始めて8年。
毎年たくさんの実を手で摘み出荷します。

実成りの様子を見る生産者の矢郷さん
ブルーベリー生産者

続いて、急な傾斜の山道を車で上っていくと見晴の良い畑に。

海、鉄道も望める斜面の畑にあります
斜面の畑

このあたりはバレンシアオレンジの栽培に適した条件がそろい、一面にオレンジの実がなった木が並びます。
5月に咲いた白い花、その近くにはこれから収穫するオレンジが。

雨上がりのバレンシアオレンジ
雨上がりのバレンシアオレンジ

バレンシアオレンジの花
バレンシアオレンジの花

開花から1年以上かかって収穫を迎えるバレンシアオレンジは、この時期花と実が一緒に見られるのです。

近くには、見慣れないうっすらピンクの花をつけた木も。(答えは次の写真)

うっすらピンクのこの花、何の花でしょう?
何の花でしょう?

レモンの花でした
レモンの花でした

今小田原で困っていることは【獣害】。
矢郷さんの畑でも、鳥だけでなく、猿も果実が美味しくなった時期を狙ってやってきます。
ネットを張ったり、策を設けたり、対策を行っていますが動物達も学習するため、常に新しい対策を考えなければなりません。

猿と鳥避けのネット
猿と鳥避けのネット

産地訪問はまだ続きます。報告はまた後日。
次回をお楽しみに!

「初夏の小田原にいってきました その2」へ続く)

取材日:2017年5月26日
商品部千葉

天童へ花摘み作業に行ってきました


青空が広がるお出かけ日和の5月上旬、開花したばかりの天童のりんご園地に行ってきました。
この日は天童果実同志会のりんごや洋梨園地で「花摘み作業」をお手伝い。
あいコープの組合員でもある「仙台えんのう倶楽部」のメンバー16人が集まり、生産者7名の園地へ分かれて作業スタートです。

りんごの花

生産者の原田洸一郎さんの畑では、完一さんも様子を見に来きました。

花の着きを確認する原田さん(左)と完一さん(右)


「今年の花の着きは良すぎるくらいだね、しっかり余分な花を落とさないと」

すべての花からりんごを実らせるわけではなく、枝や花の状態をみて余分な花や蕾を落とす作業が、この時期行われます。
作業は一枝ずつ手作業、ベテランの人でも1日1本の木を終えられるかどうか、という大変な作業です。

花摘み


2人で1本の樹を受け持ちました。
りんご・洋梨「花摘み作業」

元気に飛び回るハチが受粉に来ました。
ハチが受粉に来ました

「仕上げは我々生産者で行うけれども、余分な花を少しでも落としてもらえると助かる」
と生産者の伊藤洋平さん。

脚立に登って高い場所の花も摘みます。
脚立に登って

地面には落とした花
地面には落とした花

また、木をよく観察することで、病気や害虫の発見をして早めの防除につなげます。

りんごの木に生えた苔をはがすと・・・
りんごの木に生えた苔をはがすと

害虫ワタムシが隠れていました!(中央の白い塊)
害虫ワタムシが隠れていました

地道な作業が美味しいりんごにつながる、ということを実感する一日でした。

天童の皆さんと仙台えんのう倶楽部
天童の皆さんと仙台えんのう倶楽部

取材日:2017年5月5日(金)
商品部 千葉

大郷みどり会で田植えが始まりました


5月上旬の大型連休、宮城県内の田んぼが広がる地域では一斉に田植えが始まりました。
大郷みどり会でも5月6日から本格的に作業が始まりました!

水が張っている田んぼ

育苗ハウスで育った苗を、トラックで田んぼ運び、さらに田植え機にセットします。

4月上旬に播いた種もみは、青々とした苗に育っていました。

苗箱で育った苗のマットを一枚ずつ田植え機に乗せ、機械の後ろにある装置にセットします。


田植え機は広い田んぼを対岸までまっすぐ進み、折り返して一往復したところでまた苗の補給。
5kg以上になる苗箱を1箱ずつ運び、苗を取り出した箱は用水路で洗う、体力も人手も必要な作業が続きます。

苗を満載して出発。広い田んぼを対岸まで一往復して戻ってきたらまた苗を積みます。
田植え

みどり会で管理する田んぼすべてに植え終わるのは約2週間後。
天気や苗の生育具合も見ながら、現場では連日作業に励んでいます!

休憩中。現場では30代も頑張っています!


取材日:2017年5月6日(土)
商品部 千葉

3/27 夏のトマト作り、準備は始まっています!


陽射しが暖かくなってきた3月下旬、大郷みどり会の西塚さんのハウスでは、7月から出荷するトマトの準備が始まっていました。

「病気に強いからだをつくるために、キチン質豊富なカニ殻を土にふってみたの」
キチン質は植物細胞を構成するひとつで、細胞が固さを増すことで病原菌の侵入を抑えます。

カニ殻をいれた土づくり

水をまいて湿らせて

土表面を覆い、しばらく置きます。


「寒暖差が大きい日もあるけれど、温度管理をして今のところ順調に生育しているよ」

苗の生育をみる西塚敦子さん
苗の生育をみる西塚敦子さん

5月中旬の定植に向けて苗を丈夫に育て、ハウスでは生育の土台となる土づくり。
美味しい夏のトマトを作るため、準備は春から始まっています!

商品部千葉
取材日:2017年3月27日
 次へ ≫