次へ ≫    検索

3/10 3.11集会を行いました


あいコープでは毎年3月11日14時46分に黙とうをささげ、当時の炊き出しを思い出しながら玄米おにぎりを頂きます。
今年は11日が休業日に当たるため、10日(金)の夕方に集会を行いました。

玄米おにぎりの準備

おにぎりをいただきながら、震災の経験談を共有しました。
おにぎりをいただきながら、震災の経験談を共有
6年前のあいコープの被災状況や支援活動の話をすると、そのとき一緒に頑張った職員たちはまざまざと思い出しながら聞いていますが、震災後に入協した若い職員たちはへ〜という顔をしながら聞いていました。

「3.11を忘れない」とは、単に忘却しないということではなく、あの日々の中で考えたことを粘り強く考え抜くことであり、やり続けることだと思いました。

12/20 村井嘉浩宮城県知事との懇談会


12月20日、宮城県生活協同組合連合会主催の宮城県知事懇談会が開催され、あいコープみやぎも参加しました。

村井知事からご挨拶を頂いたあと、各会員生協の活動紹介を行い、あいコープからは放射能自主測定とエネルギーシフトの取り組みを高橋理事長が報告しました。

村井嘉浩宮城県知事との懇談会

報告内容は、
1.震災直後から取扱い商品の放射能測定を続けており、5年間に蓄積したデータからセシウム検出可能性のある品目を特定することができ、今後はより具体的に重点品目の測定を行っていくこと。
2.脱原発・エネルギーシフト委員会が中心になり、省エネ調理や自然エネルギーへのシフトを提案しており、様々な活動をする中、冬季電気使用量が増える東北だからこそ冬の間の節電を呼びかける『あいコープ冬の節電アクション』という、昨年との電気使用量を比較し、減った組合員には抽選でギフトがあたるキャンペーンが好評であること
などです。

村井嘉浩宮城県知事との懇談会

その後の懇談時にあいコープからは、現在県民の大きな関心事である放射能汚染廃棄物の一斉償却について不安に感じている県民が多いこと、とりわけ食や環境の安全を大切にしている組合員が多いあいコープではその割合が多く、地元の産物を大事にしたい私たちにとって、不安がゆえに県外の食材を選ぶ人が増えてしまっては食材王国みやぎとしてとても悲しいと思っていること、だから焼却を急がないでほしいということを伝えました。

知事からは、「不安な声はたくさん届いており、焼却を無理に推し進めることはなく、仮に焼却したとしても測定を行い、すべてのデータを公表するつもりです」という回答を頂きました。

県内の生協が一同に会し、知事と直接お話ができる場はとても大切です。
今後も生協活動の重要な機会として参加を続けていきたいと思いました。

(担当理事)

12/16 チーズフォンデュdeプチパーティー♪


12/16、泉B地区の定例会の後に、プチパーティを開催しました♪
あいコープスタッフの絶妙なトークと、美味しいチーズフォンデュでテーブルにおしゃべりの花も咲きました!

プチパーティーとは、組合員さんが、組合員ではないお友達と一緒にあいコープの商品を試食して、あいコープの輪を広げるイベントです。ご自宅にあいコープスタッフがうかがい、おいしい料理を作ります☆

チーズフォンデュdeプチパーティー♪
チーズフォンデュdeプチパーティー♪
おしゃべりの花も咲く
おしゃべりの花も咲く
あいコープスタッフの絶妙なトーク
あいコープスタッフの絶妙なトーク
3〜5人分で総額2000円で楽しめるプチパーティーは大好評!
組合員ではないお友達を誘って、ぜひ、お申し込みくださいね。

▼あいコープのプチパーティー

(担当理事)

12/13 伊達美味マーケット速報


仙台のサンモール一番町商店街で開催される伊達美味マーケット。
あいコープを知っていただくチャンスを広げようと出店を始めて3回目の12月は、13日から15日まで出店しています。

初日の12/13は、『こだわりおやつ』をテーマに、化学調味料他、余計な食品添加物を使わないお菓子やジュースを販売しながらあいコープを紹介しました(^o^)

お買い上げありがとうございます、くじ引きをどうぞ♪
くじ引き
試飲のドリンクにご満悦
試飲
日が暮れてきても続く客足
来客
あいコープをご存じの方、そうでない方、たくさんの方にお会いして、あいコープの良さを広められるよう、スタッフ一同頑張っています!!

12/14は、鎌田醤油さんと本物のお味噌やお醤油、甘酒。
12/15は、天童果実同志会さんと減農薬の果物を販売します。

その場でお買い上げいただいた方にはもれなくくじ引きのチャンスが\(^o^)/
こだわり抜いた調味料セットが当たるかも♪

あいコープスタッフ一同、お待ちしております(*^_^*)

(担当理事)

11/6 神奈川ゆめコープの『被災地スタディツアー』


パルシステム神奈川ゆめコープさんが宮城の被災地を訪問され、あいコープにも立ち寄ってくださいました。
ゆめコープさんは『被災地スタディツアー』というものを企画しておられ、福島や宮城などを訪問し、被災地の現状を見守り続けていらっしゃるそうです。

今回は11/5〜6にかけてツアーが行われ、津波被害があった荒浜近辺を、あいコープみやぎがご案内しました。

七郷のクローバーズファームトマトハウス
七郷のトマトハウス

荒浜慰霊塔付近
荒浜慰霊塔付近

地下鉄荒井駅内にある『せんだい3.11メモリアル交流館』
せんだい3.11メモリアル交流館

「仙台の中心部に近い場所でも大きな被害があったという事を知らなかった。」
「想像以上に広い範囲でたくさんの人が心に痛みを抱えながら頑張っているのだと感じた」
との感想がありました。

(担当理事)
 次へ ≫