次へ ≫    検索

7/1 田んぼに行こう!生きもの調べ編


大郷グリーンファーマーズ無農薬田んぼにて、親子80名が、暑さに負けず、汗を流しながらたくさんの生きものを採取しました!田んぼの周りが雑木林なので、様々な種類の昆虫や、おたまじゃくし、かえる、ザリガニ、ドジョウ達が住んでいます。

用水路、なにがとれるかな?
用水路、なにがとれるかな?
とったザリガニをみんなで眺める
とったザリガニをみんなで眺める
ザリガニ

とれた生き物は何という名前かな?図鑑を手に調べます。

僕も図鑑で虫の名前を調べるよ!
僕も図鑑で虫の名前を調べるよ

ナガメ(カメムシの仲間)
ナガメ(カメムシの仲間)
トンボ
トンボ
タガメ?
タガメ?
コオイムシ
コオイムシ

写真は、ほんの一部。
ネオニコチノイド系農薬排除、無農薬の田んぼだからこそ、安心して子ども達が生きもの調べが出来ますね。

たくさんの種類の生きものをとった人、手を挙げて!
たくさんの種類の生きものをとった人、手を挙げて!

はーい!
はーい!

たくさん採ったお友達に、野菜セットの贈呈
野菜セットの贈呈

楽しい時間を過ごしました!
みなさん、ありがとうございました。

(担当理事)

6/17 畑に行こう!第3回 落花生の種まき


4月から始まった「畑に行こう!」。今回は秋に収穫する「落花生」の種まきです。
青空の下、13家族、31名の皆さんが集まりました。

気持ちの良い青空!


まずは作業の説明を聞きます。
先生は、仙台えんのう倶楽部の井上さん。
「落花生の種は、皆さんが食べるピーナツの部分です」

真剣に説明を聞く


家族に20粒ずつ渡され、マルチを張った畝に穴をあけて1穴2粒ずつ播いていきます。

マルチに穴を開ける

落花生の種を播く


「種を播くときは深すぎても、浅すぎてもだめですよ」
地表から深すぎると発芽がうまくいかず、浅すぎると鳥たちが見つけて食べてしまう恐れがあります。

上から土をかぶせる
上から土をかぶせる
ひとりでも作業できるよ!
ひとりでも作業できるよ

「落花生、花が落ちると書くけれど、地面に花が潜るのですか?」
素朴な質問に、「黄色い花が咲いた後、花の付け根から子房柄という先のとがった蔓が伸びて、地中に入って実をつけるのですよ」と仙台えんのう倶楽部の井上さん。

これからも毎月畑に通うと、いろいろな作物の姿を見られますね。
来月はジャガイモの収穫予定、順調に育つと良いですね。

ジャガイモの花
ジャガイモの花

(商品部 千葉)

6/10 田んぼに行こう!草取り


今年で21年目を迎える大郷みどり会での農薬を使わずお米を作るこの企画。
先月は田植え、今回は草取りです。

みなさんが集合する頃はどんよりした曇り空でしたが田んぼに移動すると、晴れ間が見えました。

注意事項など、説明を聞きます。


心地よい里山の空気を味わいながらの作業。
最初は、裸足になることを躊躇していた子どもも大人も、田んぼに入ってみると一心不乱に除草作業。

一列に並んで除草スタート

一心不乱に除草作業
一心不乱に除草作業

途中、いきものを発見し、中断することもしばしばありましたが、みなさんの頑張りで、草取りはあっという間に終わりました。

終わった後は田んぼの生き物を集めた容器に子どもたちが群がり、大賑わい。

田んぼの生き物に群がる子どもたち
田んぼの生き物に群がる子どもたち
来月の「田んぼに行こう!いきものしらべ」の予習ができました(^^)


次回もお楽しみに♪

取材日:2017年6月10日
担当理事

5/20 田んぼに行こう!田植え


あいコープみやぎでは、毎年大郷みどり会の郷右近さんの田んぼでお米つくり体験をしています。
今年で21年目を迎える、この田んぼ。ずっと農薬を使わずお米を作っています。
この日は夏のような青空と気温の下、組合員とスタッフ総勢60名が集まって田植えをしました。

ひざまで泥に浸かったよ
ひざまで泥に浸かったよ

線に沿って植えるよ
線に沿って植えるよ

はじめての子も一生懸命植えて、あっという間に植え終わりました。

植え終わりました!
植え終わりました

道端で虫をみつけたお友達も。

てんとう虫みつけたよ
てんとう虫みつけたよ

最後に大郷みどり会のひとめぼれでつくったおにぎりをふるまってもらい、みんなで美味しく食べました。

おにぎり美味しいね
おにぎり美味しいね

秋には美味しいお米が実るよう、これから草取り、生き物調べ、稲刈りまで頑張りましょう!

取材日:2017年5月20日
商品部千葉

4/22 畑に行こう!ジャガイモの植え付け


『食と農』を大切にしているあいコープみやぎは、組合員の皆さんが農産の現場を体験・体感して、地域で存続させる食の循環を知っていただくための催しを展開しています。
その一つが「畑に行こう!」。年間登録した家族対象のイベントで、仙台市若林区の七郷みつば会の畑の一角をお借りして運営しています。

4月22日。2017年度第1回目の「畑に行こう!」は、ジャガイモ種芋の植え付けからスタートです!

初参加のご家族が続々と集まりました。
まずは、やり方を教えてもらいます。

ビニールの穴あけ作業をポコポコやって、種芋の切った部分を下に向けて穴の中に入れて、穴あけの際に掘り起こした土を種芋にかけてあげます。


子どもたちはスタート前から気合充分で待ちきれない様子でした。

ジャガイモの植え付け
「種芋ってジャガイモ?種じゃないんだ!?」
「穴あけ僕やるーーーー!」

気合充分の子どもたち

作業が終わっても子どもたちのパワーは衰えず、隣の次回予定のサツマイモを植える畑のガレキ拾いをしてもらいました。
ここ一帯は津波で一度は使えなくなったところ。震災後6年経った今も、耕した後にはガレキが出てきます。

畑のガレキ拾い
石やガラスをバケツにドンドン運んでもらい、あっという間に畑がキレイになりました!

次回も楽しみですね(^o^)

(職員 青木)
 次へ ≫