次へ ≫    検索

「高橋徳治商店」を訪問してきました


震災後6年が過ぎようとしていた2月、何気なくTVを見ると、無添加練り物でおなじみ、マルトの高橋徳治商店さんが映っていました。3月が近づくと、何だか落ち着かない気持ちになるような、そんな時期のことです。
放映の内容は震災で自宅、工場を流された後に、たくさんの苦悩を抱えながらも新しい土地での工場再建を決断し、どうせやるなら、と、より深い事業展開を目指す高橋徳治商店を紹介する内容でした。

テレビで高橋徳治商店を紹介

「マルトさん、今シーズンもおいしくおでんをいただきましたよ、いつもごちそうさまです…」

高橋徳治商店のおでんは、震災後、はじめて供給できるようになった秋に、「秋のフォーラム」で商品学習のためにとりあげた食材でした。このおでんを通じて、「作り手には『生産者は全力で作るから、受け取った人はこんなふうに食べてほしい』という強烈なメッセージがあるんだ」ということを、はじめてはっきりと理解させられた、思い出深い商品です。
そんなことがあり「おでんを極めたい!」と何度も作るうちに、我が家の末娘の一番の好物はおでんに。誕生日のごちそうリクエストも「おでん!」というくらい、大好きな1品になりました。
一方で、苦しくても、苦しくても、事業主として駆け続けなければならなかった高橋社長の言葉は、深く、重いのです。はっきりとした軸を持てずに暮らしている間は、気軽には交流できないような、近づきがたさも感じていました。

それなのに、6年がたって、無性に高橋社長の言葉を伺いたくなっていました。この間、いろいろ、いろいろ考えて、何となく自分なりに見えてきたものがあったのかもしれません。TVをみながら、高橋社長にまたお会いしたいなぁ、と心から思ったのです。

そして、高橋徳治商店を訪問しました。

工場の敷地には、まんま通信でも見慣れた、レンズ風車と、モニュメントがあります。近づくと、とても想いのこめられたモニュメントであることがわかります。こういうことを、大切にして、事業を、またこの地でやっていくんだ、という決意が伝わってきます。

レンズ風車
モニュメント
言葉

工場内を案内していただきました。
ちょうど「おとうふあげ」の製造中でした。駐車場に漂っていた甘い香りと香ばしい米油の香りの正体はこれだったようです。

工場内は原材料の入荷から出荷まで、一方通行のラインになるように諸設備が配置されています。
まずは原料となるすり身などを保管する冷凍庫。

国産にこだわり、北海道などの国内産地から入荷した魚肉のすり身が天井近くまで積み上げられています。
魚肉のすり身

こちらは「前浜」で捕れた魚。買い付けたらとろ箱ごと冷凍しておき、製造前に解凍、骨の除去などの下処理をして、自社ですり身にしています。
「前浜」で捕れた魚

こちらは蒸し器。
蒸し器
左がさつま揚げや野菜揚げなどの材料となる野菜の蒸し器。
右は石巻市魚町の工場から持ってきた魚の蒸し器。年代物ですが現役です!

この大きな釜で、練り物の原料を調合して、冷却しながら練り上げます。
釜

「おとうふあげ」のライン。
「おとうふあげ」のライン

ラインの最上流の漏斗型の原料入れから、規定量のタネが、1つ1つ絞り出されていきます。
絞り出される

生のタネがフライヤーまで、お行儀よく流れていきます。
お行儀よく流れていきます

■【動画】揚げたて。フライヤーから出てきました


揚げたてのおいしさを届けるために、ほかほかの「おとうふあげ」はそのまま冷凍ラインに入り、瞬間凍結します。向うの壁まで、ぜんぶ冷凍ラインです。
冷凍ライン

壁の裏側に出てきた冷凍済みの「おとうふあげ」。まずはダンボールに入れられ冷凍庫で一時保管。その後包装、印字して出荷を待ちます。
段ボールへ

出荷前には自社の製品管理室で最終検査を行います。組合員の皆さんのお口に入るものに責任をもつためにも、出荷ロットと同じ製品を社内で保管しているそうです。

こちらは、社屋玄関にある太陽光発電状況のモニター。
太陽光発電状況

工場には太陽光パネルと蓄電池も設置。災害などで停電になった際にも、自家発電機と併用して自然エネルギーを活用して電気を調達できるように備えています。
災害への備え、という点では、敷地内に井戸を掘り、断水にも対応。食料なども備蓄し、東松島市とは災害協定を結んで、非常時には近隣住民の避難場所として機能できるようにしているそうです。これも高橋徳治商店の「地域への恩返し」なのだな、と感じました。

また、工場内には大型ランドリーも設置。従業員が製造時に着る制服も石けんで洗いたい。そこで、着用した制服は持ち帰らずに、全て、このランドリーで石けん洗濯しているそうです。

見学の後は、暮らしのこと、事業のこと、生協のこと、これから社会で挑戦したいこと…話題は多岐にわたり、笑ったり涙ぐんだりしながら、社長と語り合いました。

6年がたって、高橋社長と、じっくり語ることができて良かったです。また1つ、何かを得たような、充実した気持ちで帰路につきました。
高橋徳治商店の皆さん、どうもありがとうございました。

訪問日:2017年3月下旬
報告者ペンネーム:みやぎのゆぅいちゃん(元組合員理事)

6/2 干物の間宮商店を見学してきました


4月21日と6月2日の二回に渡り、泉A・B地区委員会は塩竈の間宮商店さんの工場見学に行きました。間宮商店さんは「マサバふっくら干し」をはじめとする、こだわりの干物の生産者です。

間宮商店さん見学

元々は同じ塩竈市内の別の場所に工場がありましたが、東日本大震災で被災し、塩竈市場すぐ近くの現在の場所に移転されたそうです。この移転を期に、工場ラインを大幅に見直し、より衛生的に・味のムラがない製品を安定して作れる設備に変更されました。

間宮商店は、元々マグロ問屋だったため原料の目利きにとてもこだわりをお持ちです。現在の消費者の好みに合わせてしっかりと脂がのった原料を押さえる為、産地・時期を重視しているそうです。

加工する前の冷凍材料は、じっくり10時間ほどかけて解凍し、旨味が流れ出るのを防いでいます。

解凍されたものは、素早く捌き、籠に並べます。
「魚も人と同じで、一匹一匹顔かたちが違う」から、人の手で作業するそうです。

一匹一匹、人の手で作業する
一匹一匹、人の手で作業する

調味液には天日塩・喜界島の砂糖やあいコープの鎌田醤油の醤油が使用されています。

魚の乾燥は低温でじっくりと行います。
熱をかけて乾燥すれば早く乾いてどんどん生産が出来ますが、おいしさを重視するために低温の方式を取られているそうです。

丁寧に作られた干物は、再び冷凍されて私たちの所に届きます。
トンネル型のフリーザーで一気に凍らせることで、解凍してもドリップが出づらくなっています。



確かな原料+丁寧な作業+適切な設備でおいしい干物を作って下さっている事がよく分かりました。

工場を拝見した後は、さんまのつみれと塩たらの塩竈汁と、工場併設の即売所限定の鯖の甘粕漬けと鮭のおむすびを頂きました。お魚のうま味たっぷりのメニューに、子どもたちも大喜び!
間宮商店の皆さんの確かな仕事を目でも舌でも感じ、ますます商品のファンになった工場見学でした。

即売所限定おむすび
即売所限定おむすび

(担当理事)

5/18 菅野食品工場見学に行ってきました


青葉A地区としおさい地区委員で、宮城野区蒲生にある菅野食品さんに工場見学に行ってきました。

震災当時、津波が工場の屋根の高さまで達し、がれきに埋もれ、柱しか残らなかったそうです。しかし「豆腐を作ることが地域への恩返し」との強い想いから工場を再建し、豆腐作りを再開しました。
現在の工場は仮設の部分もあるようですが、製造ラインはしっかりと部屋分けされていて温度の管理もされていました。

菅野食品の菅野工場長から説明をしていただきました。
菅野食品工場見学
豆腐作りのスタートは朝3時からとのこと。機械や器具の洗浄、消毒にとても時間がかかるそうです。
豆乳を作る過程で、すりつぶされた大豆を蒸す工程では、消泡剤を使わず作るために導入された機械で行われていました。その名も「KODAWARI」。菅野食品さんの豆腐作りへの想いと同じ名前であることに、さらに想いが込められている商品なんだなと感じました。

あいコープの豆腐に使われる豆乳は、市販品に比べ濃度が高く、加熱時間や撹拌など試行錯誤が繰り返されたそうです。
季節や天候によって、大豆の状態や豆乳の出来上がり具合に違いが出るので、五感で感じ、調整することも行っているとのことです。

近隣は、まだ復興工事が行われている地区で、菅野食品さんが再建していくことは、私達被災地の組合員にとっても、お互いの励みになると思いました。

「みなさんに美味しいと言われることを目指して、気持ちを込めて、みなさんの期待に応えたいです。」と話されていた工場長に熱い思いを感じ、おいしさの原点を見ることができました。
菅野食品さん、見学させていただき、ありがとうございました。

集合写真
(担当理事)

5/11 花兄園の宮床にある鶏舎を訪問しました


大和町宮床にある花兄園さんの鶏舎へ訪問してきました。
あいコープが目指すアニマルウエルフェアに沿った鶏舎という確認と、今後展開される地区活動の下調べも兼ねての訪問です。

2棟で2万羽の鶏が暮らす様子は、オープンウインドウで明るく、風通しの良い環境でした。

明るく、風通しの良い環境


ゲージに雛からペアを組んだ2羽が交互に仲良く餌をつつきます。

仲良く餌をつつくペア


餌はもちろん、PHF・95%NON-GMO(コーングルテンミール以外)という大須賀さんのこだわりの内容です。

花兄園の方から、説明を聞く


人間も同じですが、育つ環境が心地よいストレスフリーの生活と安全・安心な食べ物が健康な体を作り、免疫力が高まり、ウイルスに勝つ。
この鶏舎の鶏たちは、活き活きとしていました。

活き活きとした鶏たち
活き活きとした鶏たち

健康な親鶏から産まれた卵
健康な親鶏から産まれた卵

私たちの「花たまご」の美味しい理由がありました。

(担当理事)

4/23 旬は今!宮城の原木椎茸見学ツアー


晴天に恵まれた4月23日。「旬は今!宮城の原木椎茸見学ツアー」を開催。20家族42名の組合員と登米市東和町にある、原木椎茸生産者の芳賀裕さんの栽培園地に向かいました。

芳賀さんやスタッフの皆さんへ元気な声であいさつをして、さっそく裏山の天然ほだ場へ。
山道を10分ほど登ると、南向きの斜面には原木ほだ木が並んでいる景色が!

ほだ木が並ぶ「ほだ場」で芳賀さんからお話を聞く

ほだ木には大小様々な椎茸があちらこちらにポコッと生えています。

椎茸がポコッと生えている

「斜面の中腹に大きい椎茸があるよ」
「下から見上げると陰に隠れた椎茸が見つけやすいよ」
芳賀さんやスタッフの方にアドバイスをもらい、みんな夢中で椎茸を採りました。

椎茸の収穫体験。お母さんここにもあるよ!

立派な椎茸が採れた!

収穫した椎茸は量り売り。お土産にたくさん買った方もいました。

四季を感じて発生する椎茸は天然ほだ場では年に1度、桜の咲く時期が収穫最盛期。
「では、一年中原木椎茸が食べられるのはどうしてでしょう?秘密を見に行きましょう!」
山を下りて、今度は人工ほだ場を見学します。

ハウスの前でお話を聞く

「夏のハウス」に入ります。
本当に夏を感じさせるハウスは、まるでサウナのよう。
水に浸水したり、風通しのよい日影に立て掛けたり、四季に見立てた環境にほだ木を置くことで、年中収穫できることがわかりました。

お昼に食べた炭火焼の椎茸は、絶品でした!

網焼き椎茸

午後は、ほだ木に椎茸の菌を植える「植菌」体験と、収穫が終わった原木をのこぎりで短く切った「ミニほだ木作り」を行いました。
小さなお子さんも、大人と一緒に工具を使って上手に作業に励みます。

ほだ木にドリルで穴を開ける

椎茸の菌を打ち込む

ほだ木をのこぎりで切る

福島第一原発事故で、森林やほだ場が汚染された宮城県内の原木椎茸生産農家は出荷停止に。
芳賀さんは宮城県と協力して汚染対策に取組み、2015年にようやく出荷解除となりました。
それでも登米市では、45軒あった生産農家は5軒の再開に留まるといいます。

これからも美味しい原木椎茸が宮城県で作り続けられるよう、みんなで応援していきましょう!

見ごろを迎えた桜が満開!集合写真をパチリ。
集合写真

2017年4月22日(日)
報告:商品部千葉
 次へ ≫