次へ ≫    検索

3/31 石けん環境委員会「春の親子遠足 菖蒲田海岸〜海の汚染を学ぶ」


春休みを利用して、石けん環境委員会の親子17名で七ヶ浜の菖蒲田海岸に行ってきました。

まずは「マイクロプラスチックってなぁに?」というお勉強から。
昨年8月に行われた環境学習会「化学物質による海の汚染」に参加した委員さんから「マイクロプラスチック」について教えてもらいます。

マイクロプラスチックってなぁに?

手作りの資料を使って、わかりやすく学ぶことができました。
いよいよ海へ!

菖蒲田海岸

大きなゴミはありませんでしたが、プラスチックの中間資材である「レジンペレット」がいたるところに落ちていたり、海に続く歩道にはペットボトルやビニール類なども落ちていました。

ゴミを拾う
ゴミを拾う

小さな丸いものが「レジンペレット」
小さな丸いものが「レジンペレット」
できる範囲で、レジンペレットやビニールの破片などを拾い、清掃活動を行いました。
子どもたちは貝殻も一緒に拾い集めて楽しかったようです。

最後にみんなで昼食会。
あいコープの「自然解凍ができる冷凍食品」を中心に試食しました。

昼食会
昼食会

参加者の感想を紹介します。

(大人の感想)
「元サーファーで月に1回はごみ拾いをしていたけど、昔はこのプラスチックに気付かなかった。こういう活動で『気付くこと』が大切だと思った。」
「小学校の頃から毎年菖蒲田海岸に遊びに来ていたけれど、プラスチックがこんなに散乱していて、集めること自体が難しいことを感じた。解決はできないかもしれないけれど、子どもと一緒に考えていくことが大切で受け継いでいきたい。」

(小学生の感想)
「マイクロプラスチックがいっぱいあった。貝殻も拾えて楽しかった。」
「プラスチックがいっぱいあって、こんなにゴミが捨てられているんだと思った。」

プラスチックは生活に根付いていて、切り離すことはできませんが、「できるだけ使い捨てのプラスチックを使わない」ということを、まず呼びかけていきたいと思います。
引き続き、組合員活動として今後も取り組んでいきます。

(担当理事)

3/21 石けん委員会「布ナプ用無漂白ネル布地の裁断梱包作業」


3月の石けん環境委員会の定例会は、布ナプ用無漂白ネル布地の裁断と梱包作業を行いました。5月1回取扱予定で、お一人さま2点まで&100点限定の販売です。

石けん環境委員会の定例会
この無漂白ネル布は「ひろがれ ひろがれ エコ・ナプキン」の著者である角張光子さんが起ち上げた「スペース・ムウ」さんから布を反物で仕入れ、石けん環境委員会で裁断梱包作業をしています。反物の仕入れ代金や配達料、裁断作業をする委員さんの交通費を考えたら、利益はなく、むしろ赤字になってしまいます。 しかし、仕入れ元のスペース・ムウさんも利益ではなく、布ナプの普及活動を目的としていて、あいコープもこの考えに賛同し、年に2回頒布を行っています。

残留農薬やダイオキシンの検査もされていて安全なこの布は、誰もが購入しやすい価格で「自分で使う生理用品は手作りできる」という大切なメッセージが含まれています。
転売や営利目的での購入はお控えください。
なお、商用目的でのご購入をお考えの方はスペース・ムウさんに直接ご連絡いただくか、あいコープみやぎまでお問い合わせください。

布ナプ用無漂白ネル布地
(担当理事)

3/28 宮城野地区 お疲れさまランチ会


3月は、各委員会で、一緒に活動をしてきた委員さんと1年間の活動を振り返りながら【お疲れさまランチ会】が行われます。
宮城野地区では、春休み中の子供たちも参加して、親子でピザを作りました♪

ピザの具は、まんま通信の中から、定番のウインナーやたっぷりの野菜、しらすやいわしの缶詰、ピザソースには冷凍のパスタソースなどもチョイス!
材料を切ったり分けたりする作業も親子で一緒に楽しみました。

ピザ生地が膨らんだら、一人1枚ずつ自分で伸ばして思い思いの具をトッピング!

トッピングたのしいー!
トッピング

「俺ピザ」、準備完了!
ピザ

オーブンで焼きあげ、どれも美味しそうで個性が光るピザが完成しました☆

出来たよ☆
ピザ完成

今年度は生産者を訪問する機会が多く、委員さんにとっても学びが多い1年になったようです。
5月には交流会も企画していますので、多くの皆さんのご参加をお待ちしています!
1年間どうもありがとうございました(*^▽^*)

(担当理事)

2/22 青葉A交流会「おでんを囲んでまんま通信トーク」


2月22日、「まんま通信のあるくらし。おでんを囲んでまんま通信トーク」と銘打って、青葉A地区の組合員交流会を開催しました。
おでんを囲んでまんま通信トーク
お気に入りを教えあったり、気になっている事を質問したり。
食べたことのない商品の話も聞けて「次回は注文してみよう!」と盛り上がりました。

本日の試食はおでん。
試食はおでん

「あいコープの練り物は、どうしておつゆに沈んでしまうのですか?」という質問があがりました。
一般的に、練り物は、膨張剤などで量(かさ)を増やしています。こうすることにより、少ない原材料で大量の製品を作ることが可能になります。
しかし、あいコープで取り扱っている高橋徳治商店の練り物は、余計な添加物を混ぜません。だから、ずっしりしていて、おつゆに沈むのです。
「添加物ではなく、原材料そのものの重さなんだ!」とみなさん納得の様子でした。

「食べることは、その人を作ること」
改めて認識する、大変有意義な時間でした。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

(担当理事)

3/14 みんなであいごはんin若林「あいコープの産直鶏に迫る!」


10の生産者をお呼びして、各地区で行われていた「みんなであいごはん」。今年度の最後は、米沢郷牧場の伊藤幸蔵さんをお呼びして「あいコープの産直鶏に迫る!」をテーマに開催しました。



一般的に「鶏は薬で育てる」と言われるくらい、投薬は常識となっています。米沢郷では、鶏を薬を使わずに育てるためにはどうすればよいか?を考えた結果、病気にさせないように健康的に育てることを目指したそうです。
そのこだわりの1つがエサ。主原料のトウモロコシや大豆は、遺伝子組み換えされていないものを使用し、乳酸菌を与えることで腸を元気にし病気を防いでいるそうです。
また、蜜飼いはせず適度に運動ができるように広々とした鶏舎で育てているとのことでした。
食べ物、生活環境、運動で健康な体が作られていくのは、人間も鶏も同じだなと思いました。

伊藤さんのお話の中で「子供たちに毒を食べさせるわけにいかない。」という言葉がとても印象的でした。
一般的な鶏の育て方との違いを聞くと驚くことも多く、日々何を基準に商品を選択するべきかを改めて考えさせられるお話でした。

調理開始!
伊藤さん自ら包丁を持ち、ササミの筋切りをして参加者と一緒に調理してくださいました。

伊藤さん自ら包丁を持つ

メニューは…
ササミはピカタに、
胸肉は鶏ハムやサラダやスープに、
モモ肉はから揚げとヤンニョムチキン、
レバーは甘辛煮
と、米沢郷の鶏肉の色々な部位が楽しめるメニューとなりました☆

完成!
米沢郷の鶏肉メニュー

こちらは鶏ハム
鶏ハム

いただきます!
参加者のお子さんの食べっぷりに微笑む大人たち。
お子さんの食べっぷり

鶏尽くしのメニューは参加者からも大好評でした!
和やかな中にも、生産者の熱い思いを感じられる会となりました。
伊藤さん、ご参加頂いたみなさまありがとうございました。

(担当理事)
 次へ ≫