次へ ≫    検索

6/10 ながめやま牧場に行こう2017


6/10(土)仙台駅東口には、『ながめやま牧場』に向かうため朝早くから118名の組合員親子とスタッフが大集合! そうです♪今年も開催しました!『親子バスツアー♪緑の中で悠々と暮らす放牧パスちゃんとふれあおう!』
あいコープのイメージキャラクター(ゆるきゃら?)“パスちゃん”とふれあう参加者一行を乗せたバスは3台に分かれて山形県飯豊町へ向かいました。

バスの中では、紙芝居やクイズで皆さんと一緒に楽しく事前学習。
『どうかお天気がもちますように』と祈るような気持ちで出発から約2時間後、牧場に到着ですo(^o^)o

『わぁ!パスちゃんがたくさんいる〜♪』緑の風景に白と黒のコントラスト。
思い思いの所でのびのびしているパスちゃんたちが目に飛び込んできました!

思い思いの所でのびのびしているパスちゃんたち


ところが…突然の雨。
牛さんたち、急いで牛舎に戻っていくではありませんか( ̄□ ̄;)

どしゃ降りのため、牛舎で開会式となりました。

牛舎で開会式


予定していた放牧の様子は残念ながら最初の数分しか見られませんでしたが…
3グループに分かれてロータリーパーラー、成牛舎、哺育舎を、順にまわって見学しました。

【ロータリーパーラー】
なにやら美味しそうな予感のお部屋ですが(笑)・・・一度に30頭の牛のお乳を搾ることができる機械があります。

(以前訪問した際に撮影した、搾乳中の写真)


この機械は牧場職員さんが牛1頭1頭の状態を見た後、搾乳の器具を牛に付けて搾乳が始まります。
一般的なつなぎ飼いよりも効率的に搾乳ができるのだそうです。

【成牛舎】
成牛舎では、牛が思い思いの場所でのんびりと過ごしていました。
フリーバーンだから、のんびりゆったりできます。

のんびりゆったり


参加した子供たちはサイレージで発酵させた稲わらや、飼料米をペレット状にしたもの、おから、ウイスキー粕などを自分で配合して餌やり体験をさせてもらいました。

牛さんのごはんをつくる


ごはん、どうぞ
ごはん、どうぞ

パスちゃんが食べているものは全て地元産の飼料米やエコフィードと呼ばれる食品副産物です♪
それから牛の糞尿はたい肥化してバイオベッドと呼ばれる肥料にして牛舎に敷いたり、牧草やデントコーンの肥料にも使われており地域循環が確立しています。

【哺育舎】
哺育舎では、この日に生まれた子牛から生後2か月くらいまでの牛がいました。
『まだ赤ちゃんだから大きい声を出さないように気を付けて下さいね』とお話をいただいた後に、ミルクあげの体験をさせてもらいました。
子どもたちのテンションはマックス!・・・ですが、みんな注意事項を守り、静かに子牛を撫でたり舐めてもらったりしていました。

のんでね
のんでね

のんでくれた♪
のんでくれた

一通りの見学が終わり、いよいよ鍋でコトコトあたためた搾たての牛乳の試飲です☆

しぼりたて牛乳を温めます。もちろん、パスチャライズ殺菌
しぼりたて牛乳を温めます

まちどおしいよ♪
まちどおしいよ

ほんのり甘くてさらっとしていて美味しいのなんの!
のびのび暮らす牛さんと地元でとれた飼料を見せてもらい、色々な体験をさせてもらったあとの至福の一杯でした!

おいしい\(^o^)/
おいしい

その命や命の一部を私たちに分けてくれる動物たちは経済動物と呼ばれます。
経済性や効率性が重視される環境下で飼われている家畜が多い中、そういった動物でも快適に暮らせる環境や自由のもとで飼育することをアニマルウェルフェア(動物福祉)と言いますが、ながめやま牧場はこれにのっとった飼育がされていることを参加者みんなが見て体験してきました。

放牧パスちゃん牛乳は7月には発売4周年を迎えます。
これからも山形の大自然で育った牛さんの恵みを牛乳やヨーグルトで沢山いただきたいと思います。
ご参加くださった皆さま、朝早くからどうもありがとうございました♪

(担当理事)

6/5 七郷みつば会と若林地区委員のタイアップ!


今年度、七郷みつば会とタイアップする若林地区委員会。
七郷みつば会の代表 細谷さんから、4月に『地区委員会で実際に畑で野菜を作りましょう!』と提案して頂き、今回、地区委員会で七郷みつば会に行ってきました。

まずは、ハウスで畑に定植する予定のネギの苗を見せていただきました。

畑に定植する予定のネギの苗

6月の中旬に委員会の畑に植える苗もすくすくと育っていました。収穫する季節に合わせて、ネギの品種を変えているとのことです。
また、ネギの害虫にはネオニコチノイド系農薬しか効かないものがあり、ネオニコ不使用で栽培している細谷さん達はひたすらその害虫がこないことを祈るしかないとおっしゃっていました。

次に、委員会で使わせて頂く畑を見にいきました。

若林地区委員会で使わせて頂く畑


すでに細谷さんが、大根・人参・カブの種をまいておいて下さり、小さな芽がたくさん出ていました。

小さな芽


「ここからの管理は皆さんでお願いしますね!」との細谷さんのお言葉に、「責任重大だね!」「時々、見に来なくちゃ。」と、ワクワク感と同時に畑を任される緊張感も感じました。

残りのスペースには、6月中旬にネギと枝豆を私たちが植える予定になっています。
野菜が育つのと並行して、雑草も負けずに元気に育ちます。これからの最も重要な作業の1つは雑草取りになるようです。除草剤を使わずに育てるということを、身を持って体感できそうです。

その後、トマトのハウスに移動しトマトの葉かき作業を、1時間ほどでしたがお手伝いしました。
枝の下に残った余分な葉をハサミで切っていく作業です。

トマトの葉かき


誘引の紐を切らないように、トマトがなっている下の葉は残すなどの注意事項を確認後、作業スタート!
ハウス内での作業は、じんわりと汗が出てきます。
収穫作業が忙しくなると、葉かき作業まで手が回らなくなるのだとか。
枯れた葉や余分な葉を取り除くことで、トマトの実の成長を促す大事な作業ということでした。

気が付けば黙々と作業し、あっという間に1時間。約3列の葉かきができました。(でも、ハウスの中では、ほんの一部分なんです。)
トマトの枝もさっぱりとしましたが、作業した私たちもさっぱりとした気分になりました。

がんばるぞ!
がんばるぞ
これから七郷に足を運ぶ機会も増えるので、このようなお手伝いをしていけたらと思います。

(担当理事)

5/29 リユース・リサイクルの取組みを勉強しました


石けん環境委員会5月の定例会は、あいコープ職員さんから、あいコープみやぎのリユース・リサイクルの取組みについて教えていただきました。

リユース・リサイクルの取組みを学ぶ
あいコープに加入した時にもらえる「あいコープ利用ガイドブック」の中に記載があるのですが、牛乳パックやたまごパックを始め、R(リユース)びんについて実際の瓶を見ながら、またどれぐらい回収されているのかも教えていただきました。

鎌田醤油のビン
鎌田醤油のビン。
右の900mlビン「国産丸大豆醤油」・「こだわりの万能つゆ」はデポジット対象です。
左の500mlビン「こだわりの麺つゆ」はデポジットではありません。

牛乳パックはあいコープ商品でないものも回収していているそうですが、中が銀色のものや、キャップ等がついているものは回収していないとのことでした。
パスちゃんヨーグルトやよつばの生クリームのパックも回収しているそうです。

あいコープのたまごパックは非塩ビ系素材を使って作られていますが、他のものと混ざってしまうとリサイクルできないそうです。ここにもあいコープのこだわりがあるのだと、改めて確認することができました。
ほかにも、納豆の発砲スチロールトレーや注文書が入っているポリ袋、保冷箱の内袋も回収しているとのことでした。

詳細については6月19日発行の石けん委員会ニュースに掲載します。

ぜひこの機会に「あいコープ利用ガイドブック」をご覧ください。
>> あいコープご利用ガイド「リユース・リサイクル」

(担当理事)

5/26 放射能汚染物質一斉焼却の再考を求める署名提出


5月26日、放射性廃棄物一斉焼却の再考を求める署名を宮城県に提出してきました。
あいコープからは、2555筆の提出、連絡会全体で10809筆となりました。

署名提出

署名

私たち消費者・生産者の声を重く受け止めて頂いて、未来を担う子ども達の健康のためにも是非、一斉焼却を考え直して頂きたいとお伝えさせて頂きました。

予め投げかけていた質問に対する回答を頂き、その後参加者とのやりとりがありました。話し合えた点は、有意義だったと思います。そもそも放射性物質汚染対処特別措置法ありきでこの問題を考えるのではなく、宮城県などの自治体が、放射能汚染防止法のような独自の条例を作り、県民の命を一番に考えて行動することが大切と思います。

農林省が放射性廃棄物を集めるための予算を組むという新しい情報や、試験焼却後の放流水の危険性や内部被ばくについて指摘したり等、時間が足りないくらいでしたが、会場いっぱいの皆さんから時には拍手が起こり、私たちの主張は、伝わったと思います。

署名

原発事故も散々安全と言っていて、裏切られた私たちに、また安全ですよと放射性廃棄物を燃やされても信じられるわけがありません。
怖いのは、県民に十分な説明会を行っていないまま話が進んでしまう事です。

村井知事は6月に市町村長会議を開く予定です。今日の署名は、県の担当がしっかり伝えると約束していましたので、響いて欲しいものです。
皆さま、署名のご協力本当にありがとうございました!

(担当理事)

5/24 畜産学習会


5/24(火)エルパーク仙台で畜産学習会が行われました。
前半は『日本農業における畜産の位置づけと役割』と題して仙台出身であられ、現在は農的デザイン研究所代表の蔦谷栄一先生に講演をしていただきました。

畜産学習会

欧米諸国の高い食糧自給率と比べて、稲作文化圏(日本・中国・韓国・台湾など)の食料自給率が下がっており、食生活の洋風化が進んでいることをご指摘されました。
そして日本の畜産は輸入飼料に依存し、小さな枠の中で飼われている危機的状況にあることとその問題点をお話され、農業問題の裏にあるものは実は畜産の問題だということを教えていただきました。

蔦谷栄一先生
蔦谷栄一先生

蔦谷先生がお考えになる畜産の本来のあべき姿は、あいコープが行っている地域循環型の、畜産を含めた農業とアニマルウェルフェア(動物福祉)や放牧であり、それらが現在の危機的状況からの脱出だということをお話しされました。

『1割の消費者が関心を示すことで社会を変え農を守ることにつながる』
『我々の命、土の命を大切にすることが重要』
というメッセージをいただきました。

その後は『のら牛プロジェクト』の報告と、2グループに分かれてのグループトークの時間です。

花たまご、のら牛、じもとん生産者せいぞろい
花たまご、のら牛、じもとん生産者

これから『のら牛プロジェクト』に携わって下さる小野寺實彦さん(牛の肥育農家)、日向一郎さん(じもとん生産者)今野真樹さん(田尻あいちゃん牧場勤務)を囲んだ1グループ、また花たまごでおなじみ花兄園の大須賀木さん、裕さんを囲んだグループに分かれて、現状や大切にしていること、今後の展開をお話しいただき、最後は会場みんなでお互いのグループトークをシェアしました。

グループトーク田尻エコ畜産チーム・のら牛プロジェクトを熱く語る小野寺さん
熱く語る小野寺さん
グループトーク花兄園チーム・花たまごのこだわりを伝える大須賀さん親子
こだわりを伝える大須賀さん親子

米・野菜も畜肉や卵も『生きた命』をいただいて私たちの血肉になっているわけですから、感謝を忘れないとともに、あいコープ生産者が行っている循環型の食べ物づくりを応援して、多くの組合員さんに知っていただきたいと思いました!
ご参加くださった皆さまありがとうございました!!

(担当理事)
 次へ ≫