≪ 前へ 次へ ≫   検索

7/29 泉A地区定例会


7/29、夏休み中の泉A地区定例会は、子どもたちと一緒にあいコープの食材でサンドイッチを作りました♪

7/29 泉A地区定例会の様子
7/29 泉A地区定例会

子どもたちもエプロン・三角巾をつけて、未就学児から中学生まで一緒に調理しました。
「たまごの殻が剥きづらい!」「たまごがすごく新鮮だからだよ」という会話も(※)。

(※)うみたての卵は、炭酸ガス(二酸化炭素)を多く含んでいるので「内圧」が高く、白身が殻にくっついてしまい、茹で上がったときに殻が剥きづらくなります。

サンドイッチの具はたまご・ハム・トマト・キュウリ・レタス。

サンドイッチ
サンドイッチ

キャベツ、ズッキーニ、子どもたちにも大人気の「もぐもぐミニウインナー」入りのスープも用意しました。 野菜たっぷりのスープを子供達もぺろっと完食!

野菜たっぷりのスープ
野菜たっぷりのスープ

皿までなめて完食(^^)
皿までなめて完食

この日は、市販品とあいコープの商品をフラットな目線で「食べ比べ」してみました。

一般的な市販品・無塩せきの「自然派」をうたったもの・あいコープのもので、ハムと皮なしソーセージを用意しました。

食べ比べ
食べ比べ

原材料を見ると、「自然派ハム」も乳たん白などあいコープの商品には入っていない原料が使われている事がわかり、「自然・安心な商品」と言っても違いがある事がわかりました。

色味、食感、味も様々。
市販品に関して、
「化学調味料のせいなのか、ベタッとしている。」
「混ぜ物で増量したようなグニャっとした食感がする」
「妙になめらかなハムが不自然に感じた」
などの感想がありました。

「あいコープのハムは地味な味だと思っていたが、食べ比べしてみると、どのハムよりお肉の味がしっかり味わえる事が分かった」という声にみんな納得。

「食べ比べ」すると、違いがよく分かるものですね。
また別の商品でもやってみよう!という声があがりました。

おなかいっぱい食べ、親子で楽しい時間を過ごせました。
これからも地区定例会の中で楽しみながら学べる取り組みをたくさん企画していきたいです。

(地区担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫