≪ 前へ 次へ ≫   検索

11/22 秋のフォーラムin泉A「ケーキ寿司」


11月22日、大郷みどり会の生産者・松野さんをお招きして、泉A地区の「秋のフォーラム」を開催しました。
松野さんは大豆とお米を育ていて、大豆はほぼ全量が鎌田醤油さんに出荷されているそうです。
あいコープで扱っている加工品の原材料の素性まで分かるのは、安心材料になりますね。

大郷みどり会の生産者・松野さん


カタログまんま通信に「優ぶらんど」マークのある農産品は、化学肥料・農薬を一般的な栽培法の半分に減らし、ネオニコチノイド系農薬など特定の農薬を使わずに栽培されています。 その結果、収量はどうしても減るそうです。生産者さんにとっては収入源が減る事に繋がります。
それでも生産を続けてくださる理由をうかがうことができました。
まず、美味しい作物が出来てそれを喜んでもらえること。
そして「食べ物があるという事は平和であるということ」。学生時代、西サハラの貧困問題に触れておられた松野さんは、食べ物がない事は紛争につながるという実感をお持ちです。確かに、食は人が穏やかに暮らすために必要なことですよね。
とても深いお話を聞くことが出来ました。

次に、調理グループ「ごっつあんです」の皆さんから、ケーキ寿司などの調理方法を教えて頂きました。
ケーキ寿司は牛乳パックで簡単にできますよ♪


メニューは
・すしケーキ
・ほたてしんじょのお吸い物
・リンゴとみかんのはちみつヨーグルトかけ

秋のフォーラムin泉A「ケーキ寿司」
見た目も美しく、それぞれの素材の良さをしっかり感じられました。
会場内で「レタスがびっくりするぐらい美味しい」「今まで買ったことがなかったけど、次は買ってみよう!」という声が聞こえてきました。

また、せっけん環境委員会から「マイクロプラスティック」の事についてお話頂きました。普段何気なく使っている食器洗いスポンジもマイクロプラスティックの発生源になってしまうそう…。日常の身近なところから、少しずつ変えていく方法がある事を伝えて下さいました。

お忙しい中お越しくださった松野さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫