≪ 前へ 次へ ≫   検索

11/25 秋のフォーラムin泉B「WE LOVE お米」


11月25日、七郷クローバーズファームの若手生産者、佐藤さんをお招きして泉B地区の秋のフォーラムが開催されました。

まずは2014年から取り組んでいる「優ぶらんど」について、現在の状況や各地の生産者の取り組みについてのお話から。
まんま通信で「優」マークは増えてきているものの「よくわからない」といった参加者にも、その意味をお伝えし、野菜・生産者に対しての理解を深めてもらえたのではないかと思います。

また、地区委員さんから、大郷みどり会との夏の交流会についての報告があり、ネギ畑の除草の大変さを身振りを交えての話となりました。



次に、七郷クローバーズファーム・佐藤さんからお話を伺いました。
佐藤さんからお話
佐藤さんの就農のきっかけは、震災後に被災地就農者の募集を知ったこと。
テレビ番組などを見て、「農業はのんびり、自由だ」と思っていたけれど、実際に就農してみて、のんびりではできないことに気づいたそうです。夏場の除草など体力的にもきついことは多いけれど「自分には合っている」とのこと。これからも農業に取り組んでいきたい!と、目標も話してくれました。
七郷のメンバーになる前には、慣行栽培の農業法人にいた経験があり、その栽培方法の違いにも驚いたと、貴重なお話も聞かせてもらいました。

組合員との交流は今回が2回目で緊張するとおっしゃっていた佐藤さんですが、「県内3産地の生産者との意見交換などにも積極的に取り組み、安全でおいしい野菜を組合員に届けたい。組合員との交流もしたい。」と力強い言葉をもらいました。

試食は、新米の食べ比べと、秋の味覚たくさんのおかず。
試食
お腹いっぱいになりました(^o^)

参加者からは「生産者の取り組みとご苦労を聞き、より一層生産者を応援していきたい」との感想もいただきました。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫