≪ 前へ 次へ ≫   検索

天童へ花摘み作業に行ってきました


青空が広がるお出かけ日和の5月上旬、開花したばかりの天童のりんご園地に行ってきました。
この日は天童果実同志会のりんごや洋梨園地で「花摘み作業」をお手伝い。
あいコープの組合員でもある「仙台えんのう倶楽部」のメンバー16人が集まり、生産者7名の園地へ分かれて作業スタートです。

りんごの花

生産者の原田洸一郎さんの畑では、完一さんも様子を見に来きました。

花の着きを確認する原田さん(左)と完一さん(右)


「今年の花の着きは良すぎるくらいだね、しっかり余分な花を落とさないと」

すべての花からりんごを実らせるわけではなく、枝や花の状態をみて余分な花や蕾を落とす作業が、この時期行われます。
作業は一枝ずつ手作業、ベテランの人でも1日1本の木を終えられるかどうか、という大変な作業です。

花摘み


2人で1本の樹を受け持ちました。
りんご・洋梨「花摘み作業」

元気に飛び回るハチが受粉に来ました。
ハチが受粉に来ました

「仕上げは我々生産者で行うけれども、余分な花を少しでも落としてもらえると助かる」
と生産者の伊藤洋平さん。

脚立に登って高い場所の花も摘みます。
脚立に登って

地面には落とした花
地面には落とした花

また、木をよく観察することで、病気や害虫の発見をして早めの防除につなげます。

りんごの木に生えた苔をはがすと・・・
りんごの木に生えた苔をはがすと

害虫ワタムシが隠れていました!(中央の白い塊)
害虫ワタムシが隠れていました

地道な作業が美味しいりんごにつながる、ということを実感する一日でした。

天童の皆さんと仙台えんのう倶楽部
天童の皆さんと仙台えんのう倶楽部

取材日:2017年5月5日(金)
商品部 千葉
≪ 前へ 次へ ≫