≪ 前へ 次へ ≫   検索

12/19 しおさい地区 間宮商店工場見学


12月19日のしおさい地区委員会定例会は、干物でおなじみ間宮商店の工場見学にいってきました。2014年に新築された、塩釜の市場近くにある、海の見える店舗併設の工場です。

工場は、原材料の搬入から出荷まで無駄のない配置となっており、衛生面や温度管理など毎日しっかり確認をしているそうです。

原材料を解凍するところから始まりますが、ミストの中で解凍することで魚の中心まで細胞組織を守りながら解凍するそうです。

解凍方法の説明
解凍方法の説明

手作業で鋭利なひれなどがカットされ、機械を通し、開きにします。
その後はまた手作業で内臓などを取り除きます。

内臓処理
内臓処理

塩漬けをしますが、市販品に比べ塩分濃度を低くし、時間をかけて漬け込むことにより、程よい塩加減になるそうです。
乾燥も、市販品は短時間で行われるところ、温度や時間も低温でじっくりすることで余分な水分を取り除き熟成させます。

漬け込み完了
漬け込み完了

アニサキスなども含めた異物を確認し、-40℃で急速冷凍をします。
うま味を逃がさない工夫がされています。

急速冷凍
急速冷凍

今年はさんまの不漁で、原材料となる魚の調達に苦労したそうです。
限りある資源ですが、島国である日本人にとって魚は必要な栄養素が満点です。
干物だと、冷凍のままで焼いても、フライパンでもホットプレートでも焼くことができます。
下処理も不要。時短メニューになるのでオススメです!

(地区担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫