≪ 前へ 次へ ≫   検索

ひとめぼれ


香り良く、もちもちとした食感が美味しいひとめぼれ

ひとめぼれ <作り手>
生産者: 七郷みつば会大郷みどり会はさま自然村
(七郷みつば会) 仙台市郊外で、有機質肥料中心に農薬を削減して米や野菜を栽培しているグループ。
野菜のほとんどは「優ぶらんど」基準。若手の新規就農者も支援しています。
(大郷みどり会) あいコープ産直産地の中でも草分け的な産地です。
野菜、米、平飼い卵を供給しています。平飼い鶏舎脇にBMWプラントを建設するなど、耕畜連携・地域循環型農業を実践。
有機質肥料を中心とした土作りにより、農薬不使用などレベルの高い栽培にチャレンジしています。
(はさま自然村) 宮城県北・登米市で、安全・安心の米と野菜を栽培しているグループ。住み良い地域と平和な社会を目指し、明日に受け継がれる農業を目指し、農薬削減に積極的にチャレンジしています。


<ココが違う>
柔らかくねばりのあるお米
 県内3産地では、田んぼのチッソ成分やミネラル成分等の土壌分析をすることで、米作りに適切な施肥計画で土作りをし、おいしい米作りに取組んでいます。また、BMW技術を活用し、地域内での循環システムを取り入れ、苗づくりでは生物活性水で根張りの良い丈夫な苗を育てます。
 ひとめぼれは、ごはんにすると香り・光沢があり、粘りも強く、お米を見て一目惚れ、食べて美味しさに一目惚れされるような、誰にでも愛されるお米にしていきたいという願いを込められて名付けられた宮城県を代表する品種です。
 2011年から、ネオニコチノイド農薬(※)排除の米作りを続けています。

はさま自然村の皆さん

※ネオニコチノイド農薬
殺虫剤の一種。近年、ミツバチ大量死との関係が指摘され、EU諸国では使用禁止など対策がとられている。ネオニコチノイドは植物に吸収されるため、洗っても落とすことが出来ない。




【ひとめぼれ】ご利用の皆さんからのコメント

粘りがあっておいしいです。(K.Sさん)

炊いた時のツヤが、他のと違って美味しいです。(A.Hさん)

毎日食べるお米だからこそ、減農薬なので安心です。(T.Nさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【ひとめぼれ】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫