≪ 前へ 次へ ≫   検索

ブロッコリー


ブロッコリー 食卓に彩を加えるブロッコリー

<作り手>
生産者: 七郷みつば会大郷みどり会はさま自然村八千代産直丸エビ倶楽部茨城BM茨城県西産直センター
(大郷みどり会) あいコープ産直産地の中でも草分け的な産地です。
野菜、米、平飼い卵を供給しています。平飼い鶏舎脇にBMWプラントを建設するなど、耕畜連携・地域循環型農業を実践。
有機質肥料を中心とした土作りにより、農薬不使用などレベルの高い栽培にチャレンジしています。
(七郷みつば会) 仙台市郊外で、有機質肥料中心に農薬を削減して米や野菜を栽培しているグループ。
野菜のほとんどは「優ぶらんど」基準。若手の新規就農者も支援しています。
(はさま自然村) 宮城県北・登米市で、安全・安心の米と野菜を栽培しているグループ。住み良い地域と平和な社会を目指し、明日に受け継がれる農業を目指し、農薬削減に積極的にチャレンジしています。
(八千代産直) 茨城県八千代町を中心に1986年に有機栽培に賛同する農家で結成されたグループ。「生産者と消費者の健康を守る」を掲げ、個々の生産者は園場に適した作物を選び栽培しています。
(丸エビ倶楽部) 丸エビ倶楽部は茨城県水戸市の南側に位置し、生産地は県全域に広がっています。会員数も80名を超え、40~50代の生産者が多い中、30代の若手も育っています。ほとんどの品目が茨城県の特別栽培の認証を受けた農産物です。
(茨城BM) 茨城BMは、茨城県の中央部、茨城町に位置します。
根菜類、葉物野菜を中心に出荷。活動の中核である、BMW技術を深化、応用し、循環型農業の確立と農薬不使用栽培を実現すべく日々研究を行ってます。
(茨城県西産直センター) 茨城県西産直センターは、茨城県の西部に位置し、周辺を流れる鬼怒川、小貝川の氾濫による肥沃な大地と筑波山麓の伏流水といった環境を活かし、丹精込めて野菜・果物を育てています。


<ココが違う>
新鮮をお届けしています
 ブロッコリーは、収穫適期が1~2日間と短い作物。少数の生産者だけでは、年間を通して安定的に出荷する事が難しいため、生産者を増やすことで需給バランスをとっています。
 当然各産地では、有機質肥料中心の減農薬栽培。鮮度が命のブロッコリーですから収穫からお届けまでの時間短縮にも取組んでいます。保存温度は低い方が良く、野菜室程度の温度では花蕾が育ち花が咲くこともありますので注意が必要です。花が咲くと味と食感が落ちますが、食用は可能です。あいコープでは、P-プラスなどの特殊包材を使用し、鮮度を落とさずにお届けしています。また、冬の寒い時期には花蕾が濃い紫色を呈することがありますが、これはアブラナ科の特性でポリフェノールの一種であるアントシアニンの色が出たもので、茹でると消えますし食べても問題ありません。

まるごと食べよう!
 緑色の花蕾と茎を食用とするブロッコリーは、ビタミンB、ビタミンC、カロテンや鉄分を豊富に含む人気野菜です。茹でてマヨネーズやドレッシングなどで食べたり、スープやシチューの具、炒め物、天ぷらにも。
 茎の部分の外皮は、繊維質で硬いので皮を剥いて調理すると茎まで美味しくいただけます。

大郷みどり会 熊谷 剛介さん
「サッと茹でて塩をふるだけの塩ブロッコリーもおすすめ!」




【ブロッコリー】ご利用の皆さんからのコメント

とにかく味があっておいしい!シンプルにマヨネーズをつけて食べるのが好きです。(C.Tさん)

香りも良く、甘くておいしい。(A.Kさん)

サッとゆでただけで、何とも言えない食感と、香りのよさが引き立ちます。こんなに美味しいブロッコリーは、他にない!(H.Sさん)

あいコープのブロッコリーは「茎」も間違いなく絶品!他のは茎まで食べられない。ゆでて包丁がツルっと入り、みそ汁の具、炒めもの…食感がクセになる!茎フェチになること請け合いです。(H.Sさん)

茎もやわらかく、甘い。捨てるところは茎の皮の部分のみです。(S.Oさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【ホウレン草】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫