次へ ≫    検索

5/13 【おだやかな革命】上映会&トークセッション報告


5月13日、せんだいメディアテークに於いて、市民団体である「エネシフみやぎ」と共催で、渡辺智史監督作品【おだやかな革命】の上映会を開催しました。
事前申し込みも多く、開場前から多くの参加者が詰めかけましたが、当日券での参加希望者も次々と訪れ、180席は完売となりました。

開場は満席

【おだやかな革命】は、自然エネルギーをはじめとするさまざまなツールを用いて、地域を振興させるために奮闘する人々の姿を追ったドキュメンタリー作品です。原発事故後に設立された会津電力など、東北エリアも舞台となっており、あいコープみやぎ組合員はもちろんのこと、県内の皆さんには身近で興味を持てる作品でした。

「本当の豊かさとは何なのか」という問いに答えを見つけようと各地の人々が取り組む姿をつづったこの作品。180名の参加者はそれぞれの「豊かさ」を思い描きながら100分間鑑賞しました。

上映後は、エネシフみやぎの浦井代表を進行役に、渡辺監督、ひっぽ電力、あいコープみやぎの4者でのトークセッションを行いました。渡辺監督は、震災後の東北をスタートに、再生可能エネルギーで地域振興する姿を追っていくうちどんどん取材のエリアが広がったこと、こうした動きが全国的に広がっていることを話されました。

トークセッション
トークセッション
あいコープの取り扱う「パルシステムでんき」の発電産地の一つである丸森町のひっぽ電力事務局長の金上さんは、ひっぽ電力の設立からこれまでのスライドショーを参加者と一緒に見て「涙が出そうだった」と苦労や思い出を振り返りながら、再エネを増やす事だけが目的ではない、それを足掛かりに地域が活性化することをこれからも目指していくと仰いました。

私たちあいコープみやぎは、ひっぽ電力のように地域に根差した生産者を「購買の力」で支えることのできる立場です。一人一人が映画に出てくるような直接的な活動はできなくても、自分の目で見て選び、そこにお金を払うことで「おだやかな革命」に参加できるのです。それを会場の参加者に呼び掛け、トークセッションも幕を下ろしました。

あいコープみやぎが取り扱う「パルシステムでんき」についてはこちら

6月15日からは、仙台駅東口の「チネ・ラヴィータ」で一般公開が始まります。今回見逃した組合員さんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、5月14日の河北新報朝刊でも伝えられています

(担当理事)

4/26 しおさい地区・今年度最初の定例会


昨年は1つの地区と農産地が1年を通して交流しましたが、今年は、10地区すべてが産地交流をします。そして、我らがしおさい地区は昨年に引き続き、大郷みどり会と交流することとなりました!

1回目の地区定例会は、大郷みどり会の生産者も交えて、今年度の予定を話しました。

しおさい地区定例会の様子
地区定例会の様子

昨年は25mプールが3-4個分ほどの面積でさつまいもを育てましたが、雑草との戦いに悩まされたり、収穫もたくさんあって、生産者の苦労を身に染みて体感しました。
その反省を踏まえ、今年は圃場を変え、管理がしやすい方法を取ることになりました。

子どもたちからの要望に加え「枝豆」にもチャレンジします。
また、種子法廃止を受け、「たね」のことをもっと理解するきっかけとなるよう、「たね」を取る事を目的に育てるものや、在来種にもチャレンジする予定です。

今年は石巻と泉B地区も加わりますので、昨年以上に手入れができるように頑張りたいと思います。

畑の様子は、他の産地も含め、地区ニュースなどでお伝えしますので、ぜひご覧ください。

昨年の活動をスクラップブッキングやメッセージボードにして生産者にお渡ししました。

(担当理事)

4/23 今年も産地交流スタート


今年も産地交流がスタートしました!
昨年度、若林地区が七郷みつば会とタイアップし、色々な野菜作りに挑戦したコラボ畑。
生産者の方に、畑や資材の提供とご指導を頂き、組合員が野菜を育てていくという新しい形の産地交流です。
今年度は若林、太白、青葉A、泉Aの4つの地区が参加し交流を重ねていきます。
そして今年は無農薬・化学肥料不使用にチャレンジします!

今年度の最初の活動となった4月23日。
お忙しい中、七郷みつば会の方々にお時間を作っていただき、振替休日の小学生も参加して、ネギの定植と人参の播種(種まき)を行いました。

ネギの定植は、昨年も大活躍した『ひっぱりくん』という機械で行いました。

「ひっぱりくん」でネギの定植

その名の通り、引っ張るだけで定植と土寄せが完了!小学生でも簡単に作業できました。

人参も、機械を押して進むと種が等間隔に植えられていく機械を使いました。

人参の種まきの機械


押して進むと均等に種が蒔くことができます
機械を使った人参の種まき
種をまいた後は『パオパオ』というシートを被せます。これは、保温と保湿のために被せるそうです。

「パオパオ」というシートをかぶせます 「パオパオ」というシートをかぶせる
『パオ=包』なのかは不明ですが、農作業の用具にはユニークな名前のものが多いです。
初めて作業する参加者が多かったのですが、みんな自然と笑顔になりました。

今後は5月に枝豆の定植が予定されています。
他にも、トマトの実を丸ごと植えて栽培してみたり、芭蕉菜の栽培など、新しいことにも挑戦していく予定です。
そして、コラボ畑で出来た野菜は、イベント等で組合員の方に届くように…と、検討しています。

農薬不使用にすることで、これから夏に向けて雑草との闘いになることでしょう…。

これから大郷みどり会や秋保ゆうきの会でも、各地区がさまざまな形で交流していきます。
組合員だからこそのお楽しみ。有難いですね!

活動の様子は「産地交流ニュース」等で発信していきたいと思います。
楽しみにしていてください!

(担当理事)

4/26 GMナタネ発見!GMナタネ調査 in 石巻港


仙台港での調査に引き続き、過去GMナタネ発見歴のある石巻港にて調査隊が出動しました!
(仙台港の調査の様子はこちら→4/11 仙台港GMナタネ調査隊出動!

2007年からあいコープみやぎが毎年続けているこの調査は、飼料会社のこぼれ種から、知らず知らずの間に自生している遺伝子組み換えナタネを見つけ出し、取り除くことで、在来のナタネや菜種科の植物との交雑を防ぐ目的で行われています。
また、市民レベルでこのような活動を続けることで、行政や飼料会社にもGMナタネ自生の事実を伝え、対策を促す効果があり、更に消費者がGM食品反対を求めているアピールにもなります。

今回は石巻地区委員会と、仙台港の調査にも参加してくださった組合員さん、アーダブレーンの佐藤圭社長が参加、総勢9名での調査となりました。

以前陽性のナタネが見つかったところはプレハブが建っていて、周りには黄色い花が見当たらなかったのに、歩道に一本だけ、見本のような「セイヨウナタネ」が「ここよ~」と言わんばかりに咲いていました。

一本だけ咲いていたセイヨウナタネ


早速、簡易検査したところ、紫色の試験紙に陽性の2本線!
今まで石巻では見つかっていなかった、バスタ耐性の遺伝子を持つGMナタネの発見でした。
※バスタ耐性=グリホシネートという除草剤成分をかけても枯れないように遺伝子組み換えされたもの

結果は陽性。出ましたGMナタネ!
結果は陽性。出ましたGMナタネ!
本来、陽性が見つかってはいけないのですが、テンションがあがり、妙な盛り上がりを見せる調査隊(笑)

移動しながら、他の場所でも調査を続けました。



他は全て陰性でした。

初のバスタ耐性の発見。それは、常に新たな自生(汚染)が生まれている証拠です。
以前発見されたポイントは、復興に関る工事により、全てコンクリートで固められ、今回は全く植物が見られなくなっていましたが、私たちは地道に活動を続け、これからもふるさとや大切な植物を遺伝子の汚染から守り続けていきたいと思います。

(担当理事)

4/19 大郷みどり会のハウスと畑、生育順調です!


産地の様子を報告します。
初夏のような天気もあった4月、大郷みどり会のハウスや畑ではイネや野菜の苗がすくすくと育っていました。
収穫や田植えに向けて、生産者は温度や水管理にますます目が離せません。
美味しい実りになるよう、がんばってください!

西塚さんのハウス、土手には菜の花が咲いています

4棟のうち2棟にはイネを育苗

イネの苗生育もそろっています5月中旬の田植えが待ち遠しいです

別のハウスにはトマトの苗が植えられました。写っているのは西塚敦子さん
トマトの苗が植えられました
小さな蕾もついています
トマトの苗に小さな蕾
露地畑にはレタスの苗がしっかり根付きました
レタスの苗
今春新しく建てた農薬不使用ハウス全部で12棟
農薬不使用ハウス
芽が出たばかりの小松菜
芽が出たばかりの小松菜
少し生育が進んだハウス。5月下旬から収穫予定です
少し生育が進んだハウスの小松菜
ハウスを担当する熊谷剛介さん、佐藤留美さん。頑張ってください!
ハウスを担当する熊谷剛介さん、佐藤留美さん
取材日:2018年4月19日
取材者:商品部千葉
 次へ ≫