≪ 前へ 次へ ≫   検索

2/15「鍋布団でシンガポールチキンライス&プリン」 仙南地区 組合員交流会


仙南地区の組合員交流会は、~鍋布団でシンガポールチキンライス&プリン~を開催♪
鍋布団料理を初めて体験する方がほとんどで、みなさん興味津々の様子でした。

まずは、省エネ調理ができる鍋布団料理のこと、鍋布団の作り方、プリンの作り方、ご飯の炊き方などを教えていただきました。

鍋布団の紙芝居


いよいよ調理です。
鍋布団で、プリンとシンガポールチキンライスを作ります。

シンガポールチキンライスを教わる
シンガポールチキンライスを教わる
鍋布団で保温調理している間に、脱原発発員会からのお話があり、その後、生協の話やあいコープの取り組み、今年度の地区活動の紹介もさせていただきました。

プリンに火がとおったかな?
プリンに火がとおったかな?プリン出来ました!
プリンが出来ました

シンガポールチキンライスも完成
シンガポールチキンライスも完成
おいしいねー(^o^)
おいしいー
鍋布団は、専用のものを必ず用意する必要はありません。
毛布やタオルケット、発泡スチロール箱、新聞紙、保冷バック、保冷や保温に使用するアルミの布…などなど、鍋布団に代わるものを活用して簡単に鍋布団料理が出来ます。
とても簡単に調理できることが分かり、試してみたい!との声が多く聞かれました。

参加者の声を紹介します。
・鍋布団調理が思っていたより簡単にできることが分かりました。鍋布団をきちんと用意しないとできないと思っていたけど、タオルケットなどでもOKなことが分かり、少しハードルが下がりました。
・なんといっても鍋布団のすばらしさ。おいしくお金をかけずにお料理できるなんて、地球も喜んでいると思いました。
・鍋ふとん、簡単でエコでおいしい。難しいイメージがあってなかなかチャレンジ出来ずにいましたが、是非チャレンジします。

脱原発委員会のみなさん、お手伝いいただいた方々、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫