≪ 前へ 次へ ≫   検索

3/16 あいコープの農産物、次世代はこう作る!産地ビジョン発表会


3/16、エルパーク仙台で行われた『あいコープの農産物、次世代はこう作る!産地ビジョン発表会』では、米沢郷牧場代表の伊藤幸蔵さんの講演に始まり、県内農産4産地(七郷・大郷・迫・秋保)の生産者さんのビジョン発表が行われました。

伊藤幸蔵さんからお話しいただいたテーマは『これからの農業と産直』。

米沢郷牧場代表 伊藤幸蔵さん
米沢郷牧場代表
政府が進めている大規模生産型の農業は高効率な生産を可能にする反面、農薬使用や土壌消毒が不可欠で、生産者は自分が作ったものを誰が食べているかわからないものだということ。
一方、伊藤代表がおっしゃる『産直』は、単に産地から野菜が直送されるだけではなく、生産者は食べてくれる人をイメージすることで安全なものを作ろう!という気持ちで生産し、消費者は購入することと同時に理解者であることが必要で、その為には交流が大切であるとお話しされました。

続いて県内の4産地の代表者からは、自然環境と地域を大切にした生産を行うこと、また自分たちが作った米や野菜を食べたことによる消費者の幸せまで想像した生産を行うという内容のビジョンが発表されました。

七郷みつば会 細谷滋紀さん
七郷みつば会
大郷みどり会 西塚忠樹さん
大郷みどり会
はさま自然村 菅原達徳さん
はさま自然村
秋保ゆうきの会 渡辺重貴さん
はさま自然村

4産地ともに有機・無農薬生産に取り組むことも発表には盛り込まれていました。

パネルディスカッション
パネルディスカッション
会の締めに、私たち組合員はこの素晴らしい生産者がいる価値を理解し、組合員も同じ思いで付き合っていくことで産地の応援になること、そして長い目でお付き合いすることの大切さを皆で共有しました。
種子法廃止や遺伝子組み換え農産物など食や農をとりまく環境は“まったなし”という危機的状況にある今、素晴らしいビジョンを発表された生産者を皆で応援し、大切なものを守っていきたい!と思う機会になりました。

ご参加くださった生産者の方々、組合員の皆さまありがとうございました。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫